レクサスが、ラグジュアリークーペ「レクサス LC 500(S package)」を展示。477馬力を発生するV8ツインカムエンジンを搭載!【東京モーターショー2017】


レクサス LC 500のフロント

2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。

レクサスは、この会場の自社ブースでラグジュアリークーペ「レクサス LC 500(S package)」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

LEXUSは、第45回東京モーターショー2017で、 自動運転の実用化を見据えたフラッグシップコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開。 また“F”誕生10周年を記念して限定発売するRC F・GS Fの特別仕様車もあわせて発表しました。 フラッグシップセダン新型「LS」、2017年3月に発売したラグジュアリークーペ「LC」、 マイナーチェンジした「CT」「NX」など、全12車種を出展します。

引用:レクサス公式サイト

スポンサーリンク

「レクサス LC 500(S package)」の概要

「レクサス LC 500(S package)」はレクサスが誇る最上級のラグジュアリークーペ。2017年に登場したばかりのモデルで、この他にハイブリッド仕様「LC 500h」も設定されています。

5.0LのV8ツインカムエンジンで、最高出力477馬力・最大トルク55.1kgf・mを発揮。組み合わされるトランスミッションはトルコン式の10速ATで、ステアリングに装備されたパドルシフトを使えばマニュアル操作も可能です。

プラットフォーム(基本骨格)は「新型 レクサス LS」にも使われる最新の「GA-L(グローバル・アーキテクチャー・ラグジュアリー)」。軽量高剛性ボディによる高い運動性能と安全性能、優れたエネルギー効率を実現しています。

「レクサスが仕立てたLクラスクーペ」と聞くとどうしても稀代の名車「レクサス LFA」を思い浮かべてしまいますが、あちらは純粋なスーパーカーですからラグジュアリークーペの「LC 500」とは成り立ちから大きく異なります。

スポンサーリンク

「レクサス LC 500(S package)」のスタイリング

レクサス LC 500のリア

レクサスのフラッグシップクーペにふさわしい、ダイナミックでカッコいいスタイリング。欧州ラグジュアリークーペ勢と比較してもまったく引けを取りません。

フロント

ロー&ワイドな平べったいボディとダイナミックなスピンドルグリル。シャープなヘッドライトに特徴的なLEDライナーが組み合わされ、ユニークで上質、超かっこいいフロントフェイスに仕上げられています。

サイド

ロングノーズ&ショートデッキの伸びやかで美しいサイドビュー。グラマラスなボディに17インチ大径アルミホイールが装備され、上質さと力強さを強調しています。

リア

小気味良くつまみ上げられたヒップラインにシャープなT字型リアコンビランプ。小さく絞り込まれたキャビン(居住空間)とデュアルエキゾースト・パイプフィニッシャーが対比され、ダイナミックで美しい後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 4968cc・V型8気筒DOHCエンジン
トランスミッション 10速AT
最高出力(エンジン) 477ps/7100rpm
最大トルク(エンジン) 55.1kgf・m/4800rpm
全長x全幅x全高 4770mmx1920mmx1345mm
ホイールベース 2870mm
車両重量 約1960kg
駆動方式 後輪駆動(FR)
ボディタイプ 2ドア・クーペ

メーカー希望小売価格

14,000,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)