新型 トヨタ プリウス PHV S GR SPORT(2代目)【評価レビュー】精悍に引き締まった外観と、スポーティな走り [DLA-ZVW52]


トヨタ プリウス PHV S GR SPORTのフロント

今回の【評価レビュー】は「新型 トヨタ プリウス PHV S GR SPORT(2代目)」。
2017年にフルモデルチェンジした、小型5ドア・ハッチバックです。

ハイブリッドカー「プリウス」をベースにプラグインによる充電システムを搭載した「プラグイン・ハイブリッドカー(PHV)」。

大容量リチウムイオンバッテリーを搭載することで、68.2kmにおよぶ連続EV走行が可能。同時に電気残量が0の場合は37.2km/h(ベースグレード)の燃費を誇るハイブリッドカーとして走行することもできます。

「プリウス PHV S GR SPORT」はそんな「プリウス PHV」をベースにボディ剛性の強化や専用スポーツサス、スポーティな内外装パーツを装備したコンプリートカー。車名に刻まれた「GR」は、トヨタのモータースポーツ部門「GAZOO Racing」が手がけるスポーツブランドを表しています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4685mmX全幅1760mmX全高1470mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2700mmとなります。

フロント

スラントしたノーズに薄型LEDヘッドライト(ブラックベゼル)。直線を基調にしたメカニカルな造形の専用フロントバンパーが組み合わされ、精悍でスポーティなフロントフェイスを構成。

プリウスよりもカッコいいと評判の「プリウス PHV」ですが、「GR SPORT」はのカッコよさはそれ以上。最近のトヨタ車には珍しい「いつまでも眺めていたくなる」デザインです。

サイド

低重心化されたボディと三角形型のキャビン。ロングホイールベースにGR専用18インチ大径アルミホイールを装備した、伸びやかでダイナミックなサイドビュー。

Dピラーにはボディ同色「リアピラーガーニッシュ」がはめ込まれ、リア周りの一体感を強めています。ただし、このパネルがあるとリア周りの軽快感が薄れてしまうので、好みに応じて「艶ありブラック」に変更することもできます。

リア

トヨタ プリウス PHV S GR SPORTのリア

ハイデッキされたヒップラインにクリアレンズを装備した専用リアコンビランプ。ワイド感を強調するサイドアウトレット付き専用リアバンパーが組み合わされ、力強く塊感のあるリアエンドを形づくっています。

スポンサーリンク

内装

トヨタ プリウス PHV S GR SPORTの内装

ブラックを基調にした室内に、「専用メーターフード(スウェード調ファブリック&ステッチ)」や「ダークメッキ調センタークラスターパネル」が組み合わされ、スポーティでシックな雰囲気。

その他には専用装備として「専用小径本革巻きステアリング」や「専用スポーツシート」、「専用タコメーター」および「専用シフトノブ&シフトパネル(ブラック加飾)」、「専用スタートスイッチ(GRロゴ付き)」といった専用装備がふんだんに奢られます。

トヨタ プリウス PHV S GR SPORTのナビ

シート

トヨタ プリウス PHV S GR SPORTのシート

フロントシートには、GR専用スポーツシートを装備(GRロゴ入り)。スウェード調ファブリックと合皮のコンビシートで、座り心地も良好。運転中もドライバーの身体をしっかりと支えます。

リアシートは若干ルーフが低いものの、それに合わせてヒップポイントも低められているため窮屈感はありません。足先をフロントシートの下へ滑り込ませることで、大人二人で座っても十分なスペースが確保されます。

荷室

床下に大容量リチウムイオンバッテリーを搭載するものの、荷室への干渉は最小限に抑えられています。家族4人であれば2泊3日旅行も可能です。さらにリアシートを6;4で分割して倒せば、大きく荷室容量を拡大することができます。

静粛性

プリウスよりも遮音材が増やされており、静かなハイブリッドシステムとあいまって静粛性能は高級サルーン並。

スポンサーリンク

パワーユニットとミッション

1797cc・直列4気筒DOHCエンジン+電気モーターに、CVT(電気式無段変速機)が組み合わされます。
最高出力98ps/5200rpmと、最大トルク14.5kgf・m/3600rpmを発揮。
電気モーターは、72psの最高出力と、16.6kgf・mの最大トルクを発揮。
車両重量1550kg。

パワーユニット

1.8Lツインカムエンジン+電気モーターによるハイブリッドシステムで前輪を駆動(FF)。ハイブリッドシステムはベースグレードのまま。数値上の変化もありません。低速から電気モーターが働きフラットで力強いトルクを発揮。スムーズで軽快な走り出しをみせます。アクセルのレスポンスもダイレクトで、意図した出力を瞬時に得ることができます。中高速域までなめらかな加速を続ける力強いパワーユニットです。

トランスミッション

トヨタ プリウス PHV S GR SPORTのシフト

電気式無断変速機を装備。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはダブルウィッシュボーン式サスペンションを装備。前後ともにスタビライザーで強化。

乗り心地

装着されるタイヤは前後ともに225/40R18。

重厚感のあるスポーティな乗り味。GR専用スポーツサスが装備されベースグレードよりも硬い印象です。

目地段差やジョイントではそれなりに突き上げ感がありますが、アタリがまろやかなため不快ではありません。

ハンドリング

トヨタ プリウス PHV S GR SPORTのステアリング

適度なたわみを感じさせる18インチタイヤとスポーツサスのマッチングがよく、じわっとした感触を残しながら自然に旋回するイメージ。ロールも控えめで唐突な感じが無く、常に安定したコーナリング姿勢を保ちます。

最小回転半径は5.4mとごく普通。

その他

先進安全技術は最新の「Toyota Safety Sense」を装備。このパッケージには「プリクラッシュセーフティシステム(自動ブレーキ)」や「レーンディパーチャーアラート(車線はみ出しアラート)」、「レーダークルーズコントロール(自動追従ドライブ)」、「アダプティブハイビーム(自動ハイビーム)」といった機能が含まれます。

【評価レビュー】のまとめ

「トヨタ プリウス PHV S GR SPORT」は、プラグイン・ハイブリッドカー「プリウス PHV」をベースに、GR専用サスやスポーティな専用内外装パーツをふんだんに装備したコンプリートカー。ただし、ハイブリッドシステムの出力はベースグレードと変わりません。

パワフルな走りと重厚感あふれるしなやかな乗り味。素直な旋回性能を持った程よいスポーツ感が魅力。ボディにはGR専用パーツが惜しみなく装備され、ベースグレードを大きく上回る精悍さを身に着けています。このルックスだけでも「GR SPORT」を選択する意味があります。

「プリウスを買いたかったが、あの奇抜なスタイリングがどうにも苦手だ」といった人や、「プラグインハイブリッドカーを購入したいが、スポーティな走りも捨てがたい」と考えている人にピッタリな車です。

中古車市場では

2018年式「プリウス PHV S GR SPORT」で360万円前後(2018年3月現在)。

価格

価格 | 3,711,960円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)