新型 日産 ノート e-POWER NISMO(2代目)【評価レビュー】燃費の良さと走りの楽しさ、上質な乗り味を併せ持つ [DAA-HE12]


日産 ノート e-POWER NISMOのフロント

今回の【評価レビュー】は「新型 日産 ノート e-POWER NISMO」。
2012年にフルモデルチェンジした、コンパクトクラスの5ドア・ハッチバックです。

2016年に追加されたグレード「e-POWER」は、エンジンで発電した電気を使ってモーターを駆動するハイブリッドカー。「シリーズ・ハイブリッド」と呼ばれる方式で、どちらかと言えば電気自動車に近い仕組みです。電気自動車のスムーズで力強い走りはそのままに、航続距離の短さや充電イフラの少なさといったデメリットを解消しています。

プリウスなどに搭載される「シリーズ・パラレル・ハイブリッド」と比較すると仕組みが簡単で、「ノート e-POWER」の場合はさらにバッテリーを小さくする事によってさらに価格を抑えています。

2012年に登場したノートはこの「e-POWER」の登場によって再び人気に火がつき、一時は販売台数でトップを記録するほどの勢いがありました。

NISMOとは

「NISMO」は日産のモータースポーツ部門を手がける連結子会社です。

「日産 ノート e-POWER NISMO」はその「NISMO」が日産と共同で開発したスポーツグレード。スバル「STI」やトヨタ「GR」と同じメーカー純正コンプリートカーで、レーシングカーで培われた技術をもとにスポーティで楽しい走りとカッコいいスタイリングを実現しています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4165mmX全幅1695mmX全高1530mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2600mmとなります。

フロント

短く傾斜したフロントノーズに、NISMO専用Vモーショングリルとダイナミックな専用フロントバンパー。NISMOを象徴するレッドがワンポイントで施され、スポーティな特別感を感じさせます。

サイド

ノーズとルーフのラインが一体化したワンモーションフォルム。16インチの大径アルミホイールと専用サイドシルプロテクターが装備され、力強いサイドビューを構成。

リア

日産 ノート e-POWER NISMOのリア

特徴的デザインのリアコンビランプにワイドに張り出したリアフェンダー。専用リアバンパーやルーフスポイラー、専用エキゾースト・テールエンドなどがふんだんに盛り込まれレーシーな雰囲気を醸します。

スポンサーリンク

内装

日産 ノート e-POWER NISMOの内装

ブラック樹脂で統一されたスポーティな内装。

NISMO専用装備としては、ファインビジョンメーターやアルカンターラ&本革巻きステアリング、アルミ製ペダル&フットレストなどを装備。NISMOを象徴する赤い挿し色とe-POWERを表すブルーが組み合わされ、ちょっとした近未来感があります。

シート

日産 ノート e-POWER NISMOのシート

フロントシートは、NISMO専用となるスウェード調スポーツシートを装備。メーカーオプションとしてレカロシートを選択することもできますが、普段使いであればこのNISMO専用シートで十分です。

リアシートはやや小ぶりながら居住空間には十分な余裕があり、成人男性二人で座っても快適です。

荷室

荷室容量は床面が高く左右の張り出しも大きいものの、家族4人であれば2泊3日旅行も可能です。シートバックを6:4で倒せば、さらに広い荷室を作ることができます。

静粛性

スポーツモデルでありながら、遮音と振動の対策がしっかりと取られており上質なしっとり感があります。

ベースグレードで気になったアクセル開度とエンジン音の乖離も解消され、不快な違和感はありません。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1198cc ・直列3気筒DOHCエンジン+電気モーターに、電気式CVT(無段変速機)が組み合わされます。
発電用エンジンは、79ps/5400rpmの最高出力と、10.5kgf・m/3600-5200rpmの最大トルクを発揮。
駆動用電気モーターは、109psの最高出力と、25.9kgf・mの最大トルクを発揮。
車両重量1250kg。

エンジン

電気モーターで前輪を駆動(FF)。1.2リッターエンジンは発電のためだけに使われます。

最高出力と最大トルクはノーマルグレードと変わりませんが、アクセル操作に対するレスポンスや回生ブレーキの反応が調整され、スポーティで楽しい走りを演出しています。

アクセルペダルの操作だけで加減速を行う「ワンペダル・ドライブ」も、NISMO専用セッティングとなりダイレクトで一体感の高い操作が可能です。

トランスミッション

電気式CVTを装備。電気モーターの特性を活かしたダイレクト感あふれるスムーズなフィール。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションを装備。

乗り心地

装着されるタイヤは前後ともに195/55R16。

ハイブリッド化による重量増によって、重厚感のあるしっとりとした走りを実現。足回りもNISMO専用セッティングとなり、スポーティで楽しい走りと日常域での快適性を両立しています。

これにNISMO専用エアロパーツが組み合わされ、前後の空力バランスも最適化。フラットで安定感の高い走りをみせます。

ハンドリング

適度な重さを伴うスポーティなハンドリング。ステアリングセンターから僅かな操舵に対しても正確に反応して、狙ったラインを外すこと無く素直な身のこなしでトレースします。

最小回転半径は5.2m。狭い路地での切り返しも楽々。

その他

先進安全技術は、「インテリジェント・エマージェンシー・ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」や「LDW(車線逸脱警報)」、「ハイビーム・アシスト(自動切り替えハイビーム)」などを標準装備。

「インテリジェント・クルーズコントロール(30~100km/h範囲内)」や「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」、「インテリジェント・アラウンドビューモニター(全方位360°俯瞰モニター)」はメーカーオプション。

【評価レビュー】のまとめ

「日産 ノート e-POWER」は、コンパクト・ハッチバック「ノート」をベースに発電用エンジンと駆動用電気モーターを組み合わせたシリーズ方式のハイブリッドカー。

その中でも「ノート e-POWER “NISMO”」は、日産のスポーツ部門を担当する連結子会社「NISMO」が手がけるメーカー純正コンプリートカー。コンプリートカーといってもガチガチのレーシーな仕上がりではなく、街乗りでの快適性とスポーティな楽しさを両立した懐の深さがあります。

ベース車両なベーシックはコンパクトカー「ノート」ですから、室内、荷室スペースともに十分な広さが確保されています。

「スポーツドライビングを楽しみたいが、2ドアクーペでは実用性が心配」とか、「燃費と走りの楽しさを両立した実用的コンパクトカーを探している」といった人にピッタリな一台です。

中古車市場では

2017年式「日産 ノート e-POWER NISMO」で200万円前後(2018年2月現在)。

価格

価格 | 2,464,560円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)