新型 スズキ スイフト スポーツ セーフティパッケージ装着車(4代目・6速AT)【口コミ・インプレッション】超軽量ボディによるダイレクト感あふれる軽快な走り [CBA-ZC33S]


スズキ スイフト スポーツのフロント

今回の【口コミ・インプレッション】は「新型 スズキ スイフト スポーツ セーフティパッケージ装着車(3代目・6速AT)」。
2017年にフルモデルチェンジした、コンパクトな5ドアハッチバックです。

ノーマルボディの「スイフト」をベースに、足回りとボディを強化。スポーティな1.6Lダウンサイジングターボを搭載したホットハッチです。

ノーマルボディが5ナンバーとなるのに対して、「スイフト・スポーツ」は欧州仕様の3ナンバーボディを採用。トレッドの拡大によって安定性とコナーリング性能を向上させています。

基本となるアーキテクチャーは、新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」。「走る」「曲がる」「止まる」といった車の基本性能を高めながら、ボディ剛性の向上や軽量化も同時に実現しています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【口コミ・インプレッション】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長3890mmX全幅1735mmX全高1500mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2450mmとなります。

フロント

凝縮感のあるフロントノーズに、ブラックベゼルを組み込んだLEDヘッドライト。大型フロントグリルにダイナミックな形状のフロントバンパーが組み合わされ、スポーティで力強く、ちょっとだけユーモラスなフロントフェイスを形づくっています。

サイド

どっしりとしたボディに小さなキャビン(居住空間)。フローティングルーフ(浮いたように見える屋根)が組み合わされた軽快感あふれるサイドビュー。大径17インチホイールが足元からボディ全体を引き締めています。

リア

スズキ スイフト スポーツのリア

ぐっと大地を力強く掴むように広がるリアフェンダー。小さく絞り込まれたキャビンが対比され、スポーティで安定感のある後ろ姿を構成しています。

スポンサーリンク

内装

ブラック樹脂で構成されたシンプルなインパネに、赤い挿し色とレッドステッチを施したスポーティな内装。

メーターナセルには大きな二眼メーター。速度表示がグレー地にホワイト文字なので少々見にくいです。エアコンは操作のしやすいダイヤル式。

シート

フロントシートはサイドサポートの強い専用スポーツシート。グレーのファブリックにレッドステッチが施されスポーツマインドをくすぐります。クッションには適度なコシがあり、長時間ドライブでも疲れの少ない快適なシートです。

リアシートは平板なベンチタイプ。クラス標準レベルの空間が確保されており、大人二人で座るには十分です。

荷室

荷室容量は先代よりも大きくなり(265L)、ハッチゲートの切り欠きも低くなったため荷物の出し入れがしやすいです。リアシートを倒すことによって、荷室容量を拡大することも可能です。

静粛性

スポーティなエンジンサウンドが、心地よく車内に響きます。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1371cc・直列4気筒DOHCターボエンジンに、6速ATが組み合わされます。
エンジンは、140ps/5500rpmの最高出力と、23.4kgf・m/2500-3500rpmの最大トルクを発揮。

車両重量990kg。JC08モード燃費は、16.2km/l。

エンジン

1.4Lのツインカムターボで前輪を駆動(FF)。エスクードにも使用されるダウンサイジングターボで、レスポンスを重視した専用チューンが施されています。

アクセルを軽く踏み込むだけで軽やかに走り出し、そのまま中高速域までフラットなトルク感が持続。990kgという軽自動車なみの超軽量ボディとあいまって、軽快感溢れる俊敏な走りを実現しています。レスポンスも素晴らしく、僅かなアクセル操作で自在に前後荷重をコントロールすることができます。

トランスミッション

搭載されるトランスミッションは、先代のCVTからトルコン式6速ATに変更。フラットに湧き上がるトルクとの相性も抜群で、ダイレクトでスムーズな変速フィールをみせます。

MTと比較するとややハイギヤードな設定となるものの、加速感自体は変わりません。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションを装備。

乗り心地

装着されるタイヤは前後ともに195/45R17。スポーツダンパーは先代と同じくモンロー製を装備。

スポーティな車にありがちなガチガチのセッティングではなく、しなやかなストロークを活かしたコシのある乗り味です。

目地段差での衝撃もアタリが穏やかで、こわばった印象はありません

高速域での安定性も高く、4輪がしっかりと路面を捉えフラットな姿勢を維持します。

ハンドリング

前輪の接地性が高く、ダイレクト感あふれる素直なステアリングフィールです。ドライバーの操舵に正確に反応して、キビキビと軽快のノーズの向きを変えます。

最小回転半径は5.1m。狭い路地でも簡単に切り返すことができます。

その他

先進安全技術は最新の「セーフティパッケージ」を装着。単眼カメラとレーザーレーダーによる「デュアルセンサーブレーキサポート(衝突時被害低減自動ブレーキ)」や「車線逸脱抑制&警報」、「誤発進抑制機能」といった機能が搭載されます。

40km/hから100km/hに対応した「アクティブクルーズコントロール」も装備され、高速道路でのイージードライブを可能にしています。アクティブクルーズは半自動運転みたいなものなので、長距離移動の疲労感が大きく抑えられます。

【口コミ・インプレッション】のまとめ

「スズキ スイフト スポーツ」は、ノーマルボディの「スイフト」をベースにスポーティな足回りとボディ剛性の強化、パワフルな1.4Lダウンサイジングターボを組み合わせたホットバージョンです。

ホットバージョンといっても足回りがガチガチに固められているわけではなく、ストローク感のあるスポーティな乗り味でそこそこの快適性能も確保しています。スポーツグレードにしてはやや絶対的なパワーが小さいですが、スイフトのボディが元々超軽量なため数値以上の力強さを感じさせます。いわゆる「パワーウエイトレシオ(一馬力が担う車重)が軽い」という状態です。

しかも6速ATに先進安全技術「セーフティパッケージ」を装着しても200万円以内で収まるというバーゲンプライス。これだけ高性能な車がこんなに安い価格で販売されているのは世界広しといえども日本だけです。

「コンパクトで使い勝手の良い5ドアハッチバックを探しているが、スポーティな走りも捨てられない」とか、「できるだけ安い価格でスポーツドライビングを楽しみたい」なんて考えている人にはピッタリな一台となります。

中古車市場では

2017年式「スズキ スイフト スポーツ セーフティパッケージ装着車」で170万円前後。先代モデル2017年式「スズキ スイフト スポーツ」なら140万円前後となります(2018年2月現在)。

価格

価格 | 1,992,600円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)