新型 トヨタ・ヴォクシー ZS 煌(3代目・80系)【評価レビュー】マイナーチェンジによって精悍さを増したスタイリング [DBA-ZRR80W]


トヨタ・ヴォクシー ZS 煌のフロント

今回の【評価レビュー】は「新型 トヨタ・ヴォクシー ZS 煌(3代目)」。
2014年にフルモデルチェンジした、Mクラス・5ドアミニバンです。

ノアとエスクァイアは、基本骨格を共有する兄弟車。その中でも、エスクァイアはちょとだけ上級志向でその分価格も割高です。

基本ボディは5ナンバーサイズに収まる取り回しの良い大きさですが、ZS系だけはエアロパーツが装備されるため3ナンバーサイズとなります。

コンパクトといっても箱型を基本とする背の高いスタイルのため、室内空間は広々としており窮屈感はありません。取り回しの良さと室内空間を見事に両立しています。

2017年にはマイナーチェンジが行われ、内容の充実とともに内外装デザインもアップデートを受けています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4710mmX全幅1735mmX全高1825mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2850mmとなります。

マイナーチェンジによって精悍さが強調され、よりスポーティで男らしいスタイリングとなりました。

フロント

上下に分割されたLEDヘッドライトと、台形型のフロントバンパーが相まって、シャープな男らしさを表現しています。

煌には特別装備として、「フードモール」や「LEDクリアランスランプ」、「Bi-Beam LEDヘッドライト」も装備されます。

サイド

16インチアルミホイールは今流行りの切削光輝加工。

箱型を基調とするスタイリングながら、Aピラー(一番前の柱)の起点が前方に移動して傾斜の強いスポーティなデザインを構成。後に行くほど狭くなるサイドウィンドウと組み合わされ、スポーティな力強さを感じさせます。

煌の特別装備として「アウトサイドドアハンドル(メッキ)」や「オート電動格納リモコンドアミラー(メッキ)」を装備。

リア

トヨタ・ヴォクシー ZS 煌のリア

四角いリアエンドにブラックアウト(黒色で周りのウィンドウと一体化)されたリアコンビランプ。セミフローティングルーフ(後の屋根だけが浮いて見える)によるスマートでまとまりの良い後ろ姿です。

マイナーチェンジによって、リアコンビランプのデザインが変更されています。

煌の特別装備として、「バックドアガーニッシュ(ダークスモーク塗装されたVOXYロゴ入り)」を装備。

スポンサーリンク

内装

ブラックを基調とする室内にシルバーメタリックの細いラインが散りばめられ、シンプルでスポーティなインテリアを構成。

アップライトなポジションに加えてボディの見切りも良いため、とても運転がしやすいです。

「デュアルパワースライドドア」が装備され、リモコンキーの操作だけで簡単にスライドドアの解錠とオープンが可能。荷物で両手が塞がっている時や傘を挿している時に便利な機能です。

「煌」の特別装備として「センタークラスターパネル(ピアノブラック塗装+シルバー塗装)」や「マルチインフォメーションディスプレイフード(シルバー塗装)」、「インサイドドアハンドル(メッキ)」を装備。

シート

前席は、適度なサイドサポートのある快適性を重視したシート。がっしりとしたシートに肉厚のクッションが組み合わされます。

セカンドシートには超ロングスライド機構が装備され、一番後まで下げればファーストクラス以上の広々とした空間を確保することでできます。

サードシートはクッションが薄く、シートバックの高さも足りないため、長距離ドライブには向きません。ただし、足元、頭上空間ともに広々とした空間があり、中距離(30km)程度ならなんとか我慢できそうです。

荷室

サードシートを展開していると、荷室スペースは最小限となります。といっても普段はサードシートを折り畳んで使うことが多いでしょうから、その場合は家族4人でキャンプも可能です。

静粛性

マイナーチェンジによってロードノイズとエンジンノイズが抑えられ、クラス標準以上の静粛性を得ています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1986cc・直列4気筒DOHCエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、152ps/6100rpmの最高出力と、19.7kgf・m/3800rpmの最大トルクを発揮。

車両重量1610kg。JC08モード燃費は、16.0km/l。

エンジン

2.0Lツインカムエンジンで前輪を駆動(FF)。1.6以上のボディに2.0Lの自然吸気エンジンですから、キビキビとした軽快感とか有り余る力強さはありません。それでも、街中や日常ユースであれば必要十分なレベルです。

トランスミッション

ベルトとプーリーによって連続的に変速するCVTを装備。非力なエンジンをしっかりと回して必要なパワーを生み出す優秀なトランスミッション。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションを装備。

乗り心地

装着されるタイヤは前後ともに205/60R16。

ボディ剛性とダンパーの特性が同時に見直され、適度に引き締まった上質な乗り味を得ています。

目地段差ではゴツゴツとした衝撃を車内に伝えますが、不快な印象はありません。

ハンドリング

背の高いミニバンにしては素直なステアリングフィール。ロールの出方も予測がつきやすく、自然な動きでノーズの向きを変えていきます。

最小回転半径は5.5mと全長の長いミニバンとしては小回りが効く方。

その他

先進安全装置は、最新の「Toyota Safety Sense C」。このパッケージにはレーザーレーダーと単眼カメラによる「プリクラッシュセーフティシステム(衝突時被害低減自動ブレーキ)」や「レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)」、「オートマチックハイビーム」などが含まれます。

【評価レビュー】のまとめ

「新型 トヨタ・ヴォクシー ZS 煌」は、5ナンバーサイズを基本とする箱型ボディにエアロパーツ、「煌」専用装備をおごった使い勝手の良い5ドアミニバンです。

マイナーチェンジによって内外装が見直され、足回りやボディ剛性にもアップデートを受けています。ややボディに対してエンジンパワーが足りない印象ですが、ミニバンの使い方を考えれば大きな問題ではありません。

低重心ボディとアップデートを受けた足回りによる、自然なステアリングフィールも魅力です。

「家族や荷物を沢山積んで出かけることが多い」とか、「手頃なミニバンを探しているが、もっさりとした癒し系デザインは嫌だ」といった人にオススメの車です。

中古車市場では

2017年式「トヨタ・ヴォクシー ZS 煌」で200万円台後半。2014年式・初期モデルで200万円台前半といったところです(2018年2月現在)。

価格

価格 | 2,869,560円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)