アウディ・ジャパン、「アウディ RS5 Coupe」を展示。最高出力450馬力を発生するA5の最上級モデル【東京モーターショー2017】


アウディ RS5 Coupeのフロント

アウディ・ジャパンは、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」の会場で、新型「アウディ RS5 Coupe」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

※「東京モーターショー2017」の会期は2017年10月25日から11月5日。その内一般公開は10月28日から11月5日まで。

新型Audi RS 5 Coupé は、RSの新しいデザインイディオムによる最初のAudi Sportモデルです。搭載する新開発の2.9 TFSI バイターボエンジンは最高出力331kW(450PS)、最大トルク600Nmを発揮。その強大なパワーは、標準装備のquattroドライブシステムにより、4輪すべてに振り分けられます。

引用:アウディ・ジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「アウディ RS5 Coupe」の概要

初代「アウディ RS5」は、アウディのスポーツ部門を手がける「quattro社」が設計、チューンした「アウディ A5」のホットバージョン。

今回モデルチェンジした2代目「アウディ RS5 Coupe」は、その「quattro社」が「アウディ・スポーツ社」と名前を変え、初めて手がけるスポーツモデルです。

ベース車輌は初代と同じ「MLBプラットフォーム」を持つ「アウディA5」。モデルチェンジによって先代よりも一回り大きくなったものの、エンジンがV6にダウンサイジングされボディも軽量化されたため、合わせて60kgのダイエットに成功しています。

搭載されるパワーユニットは、ポルシェ社と共同で開発した2.9L・V6ツインターボ。パナメーラにも搭載されるスポーツユニットですが、RS5に搭載されるにあたってはさらにファインチューニングが施され、最高出力450馬力に最大トルク61.1kgf・mを発揮します。

これにアウディ自慢のフルタイム4WD機構「クワトロシステム」と、トルコン式の8速AT(ZF社製)が組み合わされます。その他には状況に応じて走行特性を制御する「アウディ・ドライブセレクト」や、電子制御可変ダンパー「ダイナミック・ライド・コントロールシステム」といった最新デバイスも惜しみなく投入。A5シリーズの最上級モデルにふさわしい超高性能ラグジュアリー・クーペです。

スポンサーリンク

「アウディ RS5 Coupe」の外観

アウディ RS5 Coupeのリア

フロント

低く身構えたフロントノーズに、RSグレードを象徴するハニカム式シングルフレームグリル。シャープなLEDヘッドライトと、ダイナミックなフロントバンパーが組み合わされ、スポーティで上質なフロントフェイスを形づくっています。

サイド

短いフロントオーバーハングに、ロングノーズ&ショートデッキ。20インチ大径アロイホイールを装備する、エレガントで美しいサイドビュー。

アロイホイールは、2種類から好みのデザインを選択することができます。

リア

低くワイドなリアエンドに薄型リアコンビランプ。滑らかな線で構成されたヒップラインが対比され、上質なスポーツ感を演出。

さらに二本出し大径エキゾースト・パイプフィニッシャーが、RS5の特別感を感じさせます。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 2893cc・V型6気筒DOHCツインターボ
トランスミッション 8速AT
駆動方式 フルタイム4WD(4輪駆動)
最高出力 450ps/5700-6700rpm
最大トルク 61.1kgf・m/1900-5000rpm
全長x全幅x全高 4725mmx1860mmx1365mm
ホイールベース 2765mm
車両重量 1760kg
ボディタイプ 2ドア・クーペ

メーカー希望小売価格

12,570,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)