アウディ・ジャパン、「アウディ R8 Spyder V10」を展示。540馬力を発生する最上級の2ドア・オープンスポーツ【東京モーターショー2017】


アウディ R8 Spyder V10の斜め前

アウディ・ジャパンは「東京モーターショー2017」の会場で、「アウディ R8 Spyder V10」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

※「東京モーターショー2017(東京都江東区有明)」の会期は2017年10月25日から11月5日。そのうち一般公開は10月28日から11月5日までです。

今年フランクフルトモーターショーで発表した、レベル4の高度な自動運転技術を搭載した電気自動車のコンセプトモデルAudi Elaine conceptやNew Audi A8をはじめ、日本初出品5台を含む合計9台を展示いたします。

引用:アウディ・ジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「アウディ R8 Spyder V10」の概要

「アウディ R8 Spyder V10」は、2016にモデルチェンジした2ドア・オープン・スーパースポーツの2代目。日本市場では2017年より販売されています。

2015年に発売されたR8クーペのトップを切り離し、電動式のソフトトップを備えます。

このソフトトップはアルミニウムやマグネシウムで軽量化されており、トップを収納するためのカバーもCFRPという軽量素材です(ソフトトップ全体の重量は44kg)。トップの開閉も速く、50km/h以下であれば約20秒で終わります。

ランボルギーニ・ウラカンとは、プラットフォーム(基本骨格)を共有する兄弟車の関係。レーシーな雰囲気を重視したウラカンに対して、R8は日常域での扱いやすさを重視しています。両車に共通して採用されるスペースフレームはCFRPとアルミニウムによる複合素材で出来ており、先代R8以上のねじり剛性と軽量化を実現しています。

パワーユニットには、自然吸気式の5.2リッター・V10ツインカムエンジン。トランスミッションには、デュアルクラッチ式の7速ATを装備。先代R8にあったV8エンジン仕様は現時点では存在しません。

スポンサーリンク

「アウディ R8 Spyder V10」のスタイリング

アウディ R8 Spyder V10のフロント

フロント

ロー&ワイドなフロントノーズにワイドなヘキサゴングリル。シャープな形状のLEDヘッドライトが組み合わされた、ダイナミックで美しいフロントフェイス。

サイド

低く身構えたボディに19インチの大径タイヤ・ホイール。ボディサイドには迫力あるエアインテイクがレイアウトされ、スポーティで上質なサイドビューを構成。

リア

アウディ R8 Spyder V10のリア

ワイド感の強いリアエンドに薄型テールランプと大型エアアウトレット。二本出しのエキゾースト・パイプフィニッシャーが組み合わされ、地を這うような安定感と力強さを形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 5204cc・V型10気筒DOHC
トランスミッション デュアルクラッチ式7速AT(Sトロニック)
駆動方式 フルタイム4WD(4輪駆動)
最高出力 540ps/7800rpm
最大トルク 55.1kgf・m/6500rpm
全長x全幅x全高 4425mmx1940mmx1240mm
ホイールベース 2650mm
車両重量 1770kg
ボディタイプ 2ドア・オープン

メーカー希望小売価格

26,180,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。