新型 フォルクスワーゲン アルテオン R-Line 4MOTION【評価レビュー】カッコいいスタイリングと高い実用性を持った、最上級フラッグシップモデル [ABA-3HDJHF]


今回の【評価レビュー】は「新型 フォルクスワーゲン アルテオン R-Line 4MOTION」。
2017年に登場した、Mクラスの5ドアハッチバックです。

アルテオンはパサートの上位に位置するフォルクスワーゲンの最上級フラッグシップモデル。実質的には先代パサートCCの後継車にあたりますが、アルテオンにはパサートCCには無いプレミアムカーという役割も与えられます。

ベースとなるプラットフォーム(基本骨格)には、ゴルフやパサートにも使われる横置きエンジン用「MQB」を採用。パサートと比較すると全長と全幅が拡大され、逆に全高は下げられています。伸びやかなファストバックスタイルが与えられ、クーペのカッコよさとステーションワゴンの実用性を両立。通常こういったモデルには「5ドアクーペ」とか「4ドアクーペ」といった呼称が使われますが、メーカーでは「グランドツーリング」と表現しています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4865mmX全幅1875mmX全高1435mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2835mmとなります。

フロント

ロー&ワイドなフロントノーズに6段グリルフィンを装備した大型グリル。グリルフィンと連続的にデザインされたLEDヘッドライト。ダイナミックな形状のR-Lineフロントバンパーが組み合わされ、スポーティで上質なフロントフェイスを形づくっています。

サイド

伸びやかなルーフラインがスムーズにリアエンドと融合するファストバックスタイル。ロングホイールベース(前後ホイール間が長い)と相まって、クーペライクなカッコいいスタイリングです。

乗り味を重視するなら19インチですが、このサイドビューを最大限に活かすなら20インチホイールを装備する「アドバンス」を選びたいところです。

リア

なだらかに傾斜するリアウィンドウ。ハイデッキ化されたヒップラインに薄型リアコンビランプが装備され、プレミアム感あふれるカッコいい後ろ姿。

スポンサーリンク

内装

革新的な外観デザインとは打って変わって、内装デザインはパサートに準ずる保守的なデザインです。ダッシュボードにはアルミ製パネルがはめ込まれ密かにスポーティ感を強調しています。

エアコンは、運転席、助手席、後席をそれぞれ独立して制御する「3ゾーンフルオートエアコン」。これなら同乗者から温度について苦情を言われることもありません。

シート

前席は、しっとりとしたナッパレザー表皮に硬めのクッションが組み合わされた、上質な座り心地。

後席は、低いルーフにもかかわらず、頭上空間に窮屈感はありません。ロングホイールベースによって足元は広々。大人二人で座ってもゆったりとした余裕があります。

荷室

荷室容量は563Lとややパサートには劣るものの、実際の積載能力は十分。シートバックを6:4で分割して倒せば、1557Lに拡大することもできます。

リアバンパーの下に足先を入れるだけで自動的にリアゲートを開閉する「パワーテールゲート」を装備。

静粛性

アクセルを深く踏み込めば勇ましいサウンドを奏でるものの、日常領域では非常にマナーの良い静かな車です。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1984cc・直列4気筒DOHCターボエンジンに、7速DSGが組み合わされます。
エンジンは、280ps/5600-6500rpmの最高出力と、35.7kgf・m/1700-5600rpmの最大トルクを発揮。

車両重量1700kg。JC08モード燃費は、13.3km/l。

エンジン

2.0L・ツインカムターボで4輪を駆動。ゴルフRと同じエンジンながら最高出力が抑えられ、サウンドも控えめ。実用性を重視したセッティングで、低速からぶ厚いトルクを発生するスムーズで扱いやすいエンジンです。

エンジンサウンドが抑えられているといっても、スポーツユニットに変わりはありません。アクセルを強く踏み込むだけで乾いたサウンドを楽しむ事ができます。

トランスミッション

デュアルクラッチ式7速DSGを装備。ゴルフRにも装備されるトランスミッションで、スムーズで切れ味の良いシフトフィールをみせます。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪には4リンク式サスペンションを装備。前後ともにスタビライザーで強化。

乗り心地

装着されるタイヤは前後ともに245/40R19。上級グレードの「アドバンス」は20インチとなります。

やや引き締まったスポーティな乗り味。「アダプティブ・シャシー・コントロール(DCC)」を「コンフォート」にすればしっとりとした上質な乗り味に変化します。元気に走りたい時には「スポーツ」がオススメ。

低速域では路面の段差を拾いがちですが、不快に感じるほどではありません。高速域での安定性も高く、安定した姿勢を維持してフラットに走り抜けます。

ハンドリング

重厚感を伴ったリニアなステアリングフィール。ギア比を自動的に制御する「プログレッシブ・ステアリング」が装備され、コーナリング中はノーズをグイグイと内側に切り込ませていきます。

最小回転半径は5.5mといたって普通。

その他

先進安全技術は、「プリクラッシュブレーキ(歩行者検知対応・衝突時被害低減ブレーキ)」、「渋滞時追従支援システム」、「全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」、「レーンキープアシスト(車線維持)」、「レーンチェンジアシスト(車線変更支援)」、「リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)」、「ダイナミックライトアシスト/ハイビームアシスト(対向車への眩惑を低減)」などが装備されます。

【評価レビュー】のまとめ

「新型 フォルクスワーゲン アルテオン」は、フォルクスワーゲンが満を持して送り出すプレミアムな5ドアクーペ。

ゴルフRゆずりの2.0Lツインカムターボに7速DSGを組み合わせた、力強く切れ味の良い走り。加えてクーペライクな美しいスタイリングに、ステーションワゴンに近い使い勝手の良さを持つ欲張りな車です。

「走りが楽しくカッコいい車を探しているが、家族の手前ある程度の実用性も必要」とか、「フォルクスワーゲンの質実剛健なキャラクターを活かしたカッコいい車が欲しい」といった人にピッタリな車です。

中古車市場では

フォルクスワーゲン・アルテオンは登場したばかりのモデルなので、中古車市場に車自体がありません(2018年1月現在)。

価格

価格 | 5,490,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)