BMWジャパン、「BMW X6 M」を展示。最大出力575馬力に最大トルク76.5kgf・mを発揮、まさにSUV版のM5!【東京モーターショー2017】


「BMW X6 M」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」(一般公開は10月28日から11月5日まで)。

BMWジャパンは、この会場の自社ブースで「BMW X6 M」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

美しき野獣と走る。 大胆さ、粘り強さ、表現力。Mモデルならではのパワーとデザインを体現し、新たな領域を切り開くBMWのハイパフォーマンスSAV。

引用:BMWジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「BMW X6 M」の概要

「BMW X6 M」は、BMW傘下のスポーツ部門「M社」が手がける「X6」のホットバージョン。まさに「SUV版のM5」といったモデルです。

4WDシステム

Mモデルのためにチューニングされたフルタイム4WDシステム「xDrive」は、ドライ路面では後輪に多めのトルクを伝達しながらも、状況に応じてきめ細やかに前後駆動配分を調整、常に安定した走行とFRに近い自然なドライブフィールを実現しています。

パワーユニット

4.4L・V8ツインカム・ツインターボに8速Mスポーツ・トランスミッション(Drivelogic)が組み合わされ、最大出力575馬力、最大トルク76.5kgf・mを発揮。0-100km/h加速を僅か4.2秒で達成するという、同門のM5をなんと0.1秒も上回る加速性能を持ちます。

外観の装備

外観には巨大なエアインテイクを持つフロントバンパーに、M専用キドニーグリル。21インチのMライト・アロイ・ホイールや、リアスポイラー、デュアルエキゾースト・パイプに、リアエプロン、ディフューザーが装備され、Mモデルならではのダイナミックなスタイリングを形づくっています。

内装の装備

内装に目を移すと、3本スポークのM専用ステアリング(パドル付き)、センターコンソールの膝下にはドライバーの身体を支えるニーパッド、アラゴン・ブラウンのフル・レザー張りのダッシュボード、カーボンまたはオークウッドのインテリアトリム、M専用スポーツシートが装備されます。

メーターナセル内に視認性の高いM専用メーター。眼前の高い位置には、視線移動を最小限に抑えるヘッドアップディスプレイも装備。

スポンサーリンク

「BMW X6 M」の外観

「BMW X6 M」の外観

フロント

均整の取れた肉厚のフロントノーズに幅広のキドニーグリル。カチッとした形状のヘッドライト、Mならではのスポーティなフロントバンパーが組み合わされ、重厚感あふれる端正なフロントフェイス。

サイド

ボリュームかんのあるサイドパネルにクーペのようになだらかなフールライン。今流行の「クーペ調クロスオーバーSUV」って感じです。

リア

強く傾斜したリアウィンドウにハイデッキ化されたリアエンドが一体化。L字型のがっしりとしたリアコンビランプと、4本出しテールパイプフィニッシャーがダイナミックに組み合わされた、スポーティで力強いリアエンド。

クーペモデルなみにファストバック化されているため、SUVらしい重厚感はいまひとつです。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 4394cc・V型8気筒DOHCツインターボ
トランスミッション 8速AT
駆動方式 フルタイム4WD(4輪駆動)
最大出力 575ps/6000rpm
最大トルク 76.5kgf・m/2200-5000rpm
全長x全幅x全高 4925mmx1990mmx1690mm
ホイールベース 2935mm
車両重量 2330kg
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック

メーカー希望小売価格

16,250,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。