新型 BMW M3 セダン(5代目・F80)【評価レビュー】M3初となる直6ターボを搭載、上質な高性能スポーツセダン [CBA-3C30]


今回の【評価レビュー】は「新型 BMW M3 セダン(5代目)」。
2014年にフルモデルチェンジした、Mクラスの4ドアセダン。この他に2ドアクーペの「M4 クーペ」があります。

「M3」の「M」は、BMWのスポーツ部門を担当する「M社」のこと。つまり「M3」には、「M社によってチューニングされた3シリーズ」という意味があります。

BMWの中級セダン「3シリーズ」をベースに、アルミ材とカーボンによる高剛性軽量ボディ、引き締められたスポーティな足回り、パワフルなストレート6を搭載したホットバージョンです。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4685mmX全幅1875mmX全高1430mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2810mmとなります。

フロント

ロー&ワイドなフロントノーズに薄型キドニーグリル。シャープなヘッドライトが組み合わされた、スポーティでカッコいいフロントフェイス。

サイド

ロングノーズ・ビッグキャビンによる美しいサイドビュー。大径ホイールによって、足元からギュッと引き締められています。

リア

ハイデッキ化されたヒップラインに、ワイド感を強調するL字型リアコンビランプ。グッと張り出したリアフェンダーによって、力強い後ろ姿を構成。

スポンサーリンク

内装

3シリーズ最強を誇るホットバージョンにしては、内装は意外と控えめです。カーボン調パネルとスポーツシートが奢られますが、あとはほとんど普通の3シリーズと同じです。

シート

前席には、立体的な形状のM社製スポーツシートを装備。しっとりとしたたわみのある表皮にコシのアンコが組み合わされ、適度なホールド感と上質な座り心地を両立しています。

後席にも前席同様快適なシートが装備されます。居住空間もたっぷりと確保され、大人二人が座っても十分な余裕があります。

荷室

リアサスの張り出しが大きいものの、荷室スペース自体には十分なスペースがあります。家族4人なら2泊3日旅行も可能です。

静粛性

スポーティなエンジンサウンドを適度に車内に響かせます。特に、エンジン始動時には勇ましいエンジン音が演出されています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

2979cc・直列6気筒DOHCツインターボエンジンに、7速ATが組み合わされます。
エンジンは、431ps/7300rpmの最高出力と、56.1kgf・m/1850-5500rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量1640kg。JC08モード燃費は、12.2km/lとなります。

エンジン

V8自然吸気エンジンから3.0L直列6気筒ツインターボエンジンに換装され、トルク、パワーともに向上しています。低速域から56.1kgfmという超ド級の最大トルクを発生、1.6t余りのボディをキビキビと俊敏に加速させます。

ツインターボによってしっかりと高回転まで過給され、リニアに吹け上がる爽快な回転フィールを実現しています。

トランスミッション

デュアルクラッチ式7速ATを装備。デュアルクラッチならではの歯切れの良いレスポンスがたまりません。

乗り心地とハンドリング

前輪にダブルジョイント・スプリング・ストラット式サスペンション、後輪には5リンク式サスペンションを装備。

乗り心地

タイヤサイズは、前・255/35R19の、後・275/35R19。

どっしりとした重厚感あふれる乗り味。速度を上げていくに従って、上質なしなやかさを増していきます。

高速域での安定性は高く、「矢のように直進する」という表現がピッタリとあてはまります。

ハンドリング

切れ味の良いスポーティなハンドリング。豊かなロードインフォメーションと正確な反応によって、一体感のある動きを実現しています。

最小回転半径は、5.9mと結構大きめ。狭い場所での取り回しには苦労します。

【評価レビュー】のまとめ

BMWのスポーツ部門「M社」によってチューニングされた、3シリーズ最強のホットバージョン。先代まで「M3」に一本化されていた4ドアセダンと2ドアクーペは、今回から「M3セダン」と「M4クーペ」にそれぞれ暖簾分けされています。

先代に搭載されていたV8自然吸気エンジンは、今回から直6ツインターボにダウンサイジングされ、上質な回転フィールとパワフルな走りを実現しています。

この高性能な4ドアセダンを楽しむには、それなりの腕とサーキットのような環境が必要になります。ただし、街中でのんびりと走っていてもそれなりのオーラや所有する喜びを感じることはできます。

高度なスポーツドライビング・スキルのある人はもちろん、「憧れのM3にいつかは乗りたい」と思っている人、もしくは「高性能ドイツセダンを足代わりに使いたい」なんて物好きな人まで、それなりに乗って走らせる懐の広さがあります。

中古車市場では

2017年式「M3 セダン」で1000万円前後。2014年式で700万円台となります(2018年1月現在)。

価格

価格 | 11,850,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)