アウディジャパン、「Audi Elaine concept」をジャパンプレミア(日本初公開)!「Audi e-toron Sportback」をベースに、AIによるレベル4の自動運転を実現【東京モーターショー2017】


「Audi Elaine concept」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」(プレスデイは10月25、26日。プレビューデイは10月27日。一般公開は10月28日から11月5日まで)。

アウディジャパンはこの会場の自社ブースで、コンセプトカー「Audi Elaine concept」をジャパンプレミア(日本初公開)していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

今年フランクフルトモーターショーで発表した、レベル4の高度な自動運転技術を搭載した電気自動車のコンセプトモデルAudi Elaine conceptやNew Audi A8をはじめ、日本初出品5台を含む合計9台を展示いたします。

引用:アウディジャパン公式サイト

スポンサーリンク

「Audi Elaine concept」とは

「Audi Elaine concept」は、2017年の上海モーターショーで公開された「Audi e-toron Sportback」をベースに、人工知能によるレベル4の自動運転システムを搭載したコンセプトカーです。具体的には、120km/h以下での自動運転と、駐車スペースを自動的に検知して駐車するオートバーキングを実現します。

加えて「Audi e-toron Sportback」と同じ、3モーターによるクワトロシステムや先進的なドライブシステム、先進的なライティングテクノロジーなども装備されます。

スポンサーリンク

「Audi Elaine concept」の外観

「Audi Elaine concept」のリア

スタイリングは今流行りのクーペライクなシルエットを持つクロスオーバーSUV(5ドアハッチバック)。電気自動車だけでなく、お求めやすいガソリン仕様も販売してほしいくらいカッコいいです。

フロント

重厚感のあるフロントノーズに、フロント全面をおおう大きなシングルフレームグリル。シャープなLEDヘッドライトが一体化され、近未来的でカッコいいアイアンマンのようなフロントフェイス。

そういえば、アイアンマンの映画にはアウディがよく登場します。ひょっとしたら「Audi Elaine concept」がスクリーンに映り込むことがあるかもしれませんね。

サイド

がっしりとした塊感のあるサイドビューになだらかルーフラインが組み合わされ、今にも走り出しそうなクラウチングルックを構成。

短く切り詰められた前後オーバーハング(ホイールからボディ端までの長さ)と、巨大な23インチホイールによって、キビキビとした軽快感を感じさせます。

リア

なだらかなルーフラインがそのままリアエンドに結合するファストバックスタイル。力強いリアフェンダーと拡がりを感じさせるリアコンビランプによって、安定感のある後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
出力 320kWh(スリーモーター)/ブーストモード時・370kWh
航続距離 500km
0-100km/h加速 4.5秒
バッテリー容量 95kWh
充電方法 通常の充電に加えて、150kWhの急速充電および、アウディワイヤレスチャージング(AWS)による非接触充電も可能
全長x全幅x全高 4900mmx1980mmx1530mm
ホイールベース 2930mm
ホイールサイズ 23インチ
駆動方式 4WD

今後の販売予定

「Audi Elaine concept」のベース車両「Audi e-toron Sportback」は、アウディが市販化する2番目の電気自動車として、2019年中の販売を予定しています(日本市場では2020年)。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。