プジョージャポン、特別仕様車「プジョー 2008 クロスシティ」を展示!【東京モーターショー2017】


「プジョー 2008 クロスシティ」のフロント

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催されていた「東京モーターショー2017」。プレビューデイは10月27日。一般公開は10月28日から11月5日まで。

プジョージャポンはこの会場の東展示棟1F(東2ホール)で、特別仕様車「プジョー 2008 クロスシティ」を展示していました。

今回は、このプジョーブースで撮影した写真とともにレポートします。

プジョーの新時代を告げるSUVラインナップ。 洗練かつ力強いデザインと、路面状況に応じて走行モードを選択できるグリップコントロールにより、 新しいドライビング体験を創造します。

引用:プジョー公式サイト

スポンサーリンク

「プジョー 2008 クロスシティ」とは

「プジョー2008」は、プジョーSUVファミリーの中でも先陣を切って発売された最初のモデルです。この後、3008、5008と次々に発売され、現在ではSUVファミリーの中でエントリーモデルの役割も担います。

2016年にはマイナーチェンジが実施され、フェイスリフトとともに、トランスミッションを6速ATに変更。搭載される自然吸気エンジンもターボ化され、大きく出力が向上しています。

今回会場に展示されていた「プジョー 2008 クロスシティ」は、このプジョー2008の特別仕様車です。

外観は標準モデルと大きく変わらないものの、特別装備として「アルカンタラ&テップレザーシート」や「専用ロゴ」をあしらったインテリア、「フロントシートヒーター」などが装備されます。

加えて「フロントドアステップガード」に「専用フロアマット」、「CROSSCITY専用ステッカー(Bピラー)」も装備。上質な室内空間と、特別感を演出しています。

スポンサーリンク

「プジョー 2008 クロスシティ」の外観

フロント

マッチョなフロントノーズに大きなグリル、アグレッシブなデザインのヘッドライトが組み合わされ、力強いフロントフェイスを形づくっています。

サイド

ノーズのラインとAピラー(一番始めの柱)がスムーズに連結しているため、普通のミニバンや5ドアハッチバックのような優しいシルエットです。

そこに最低地上高のリフトアップや専用トリムアーチ、黒い樹脂アンダーガード、シルバーのルーフレールなどが装備され、マッチョなSUVらしさを演出しています。

リア

「プジョー 2008 クロスシティ」のリア

丸みのある上品なヒップラインに、208とよく似たC字型のリアコンビランプが装備され、キュートなリアエンドを構成。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
エンジン 1199cc・直列3気筒DOHCターボエンジン
トランスミッション 6速AT
燃費消費率(JC08モード) 17.3km/l
駆動方式 FF(前輪駆動)
最大出力 110ps/5500rpm
最大トルク 20.9kgf・m/1500rpm
全長x全幅x全高 4160mmx1740mmx1570mm
車輌重量 1230kg

車両販売価格

1.2L pureTech Turbo 6速EAT 5ドア 右ハンドル

メーカー希望小売価格 2,699,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)