新型 メルセデスベンツ GLEクラス GLE 350d 4MATIC【評価レビュー】ダイナミックな外観と重厚感あふれる上質な走り [LDA-166024]

スポンサーリンク


今回の【評価レビュー】は「新型 メルセデスベンツ GLEクラス GLE 350d」を試乗レポート。

2011年に登場した3代目Mクラスが、2015年のマイナーチェンジとともにネーミングも変更され、GLEクラスとなったことで誕生したモデルです。つまり、GLEとしては初代モデルとなりますが、実質的には3代目Mクラスのマイナーチェンジモデルでもあるわけです。

5ドアハッチバックを持つクロスオーバーSUVで、この他にクーペライクなスタイリングの「GLEクーペ」も用意されます。

ちなみにネーミングの「GL」はSUVモデルを表し、「E」はEクラス相当のモデルで有ることを表しています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4825mmX全幅1935mmX全高1795mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2915mmとなります。

モデル名の変更に合わせて外観にも大幅な手直しが施され、ヘッドライトやフロントバンパーに加えて、グリルもダイナミックなデザインとなります。

フロント

ぶ厚いフロントノーズに、ダイナミックなスポーツグリルとD字型ヘッドライトが組み合わされ、威圧感を感じさせる堂々としたフロントフェイス。

サイド

肉厚のサイドパネルにゆったりとした抑揚が与えられ、がっしりとしたキャビンと相まって、逞しいサイドビューを構成しています。最近流行りのクーペ調もいいですが、やっぱりSUVはがっしりとしたスタイリングの方がしっくりとハマります。

リア

マッチョなリアエンドにメルセデスらしい重厚感のあるリアコンビランプ。ブラックアウトされたDピラー(一番後ろの柱)によって傾斜の強いCピラー(前から3番目の柱)が強調され、逞しさの中にも上品なスポーティ感があります。

スポンサーリンク

内装

しっとりとした樹脂に木目パネルが組み合わされ、上質な室内空間を構成しています。デザイン自体は、一世代前のメルセデス流でちょっと野暮ったい印象があります。

アップライトなポジションと見切りの良いボディによって、大柄なボディの割に運転はしやすいです。

マイナーチェンジによる大幅な変更はありません。

シート

前席には立体感のある大柄なシートを装備。コシのあるクッションがしっかりと身体を支えてくれます。

後席にも前席同様、上質なシートが装備されます。座面の大きさ、シートバックの角度ともに適正で、長時間ドライブも苦になりません。

荷室

荷室には広大なスペースが確保されています。4人家族であればキャンプも可能です。

静粛性

LクラスSUVにふさわしい、高度な静粛性能を備えます。ディーゼルエンジンならではのノイズやバイブレーションも上手く抑え込まれています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

2986ccのV型6気筒DOHCディーゼル・ターボエンジンに、9速ATが組み合わされます。
エンジンは、258ps/3400rpmの最高出力と、63.2kgf・m/1600-2400rpmの最大トルクを発揮。

車両重量2250kg。JC08モード燃費は、12.9km/lとなります。

エンジン

3.0Lのディーゼルエンジンで4輪を駆動。低速からぶ厚いトルクを発生して、この巨大なボディを力強く加速させます。街中から高速域まで軽快に走り抜くことができます。

トランスミッション

トルコン式の9速ATを装備。マイナーチェンジによって7速から9速ATにアップグレード。ギアが小さく刻まれたことによって一段とシフトショックが小さくなり、スムーズで上質な走りを可能にしています。

乗り心地とハンドリング

前輪にダブルウィッシュボーン式サスペンション、後輪には4リンク式サスペンションが装備されます。

乗り心地

重厚感を伴ったしっとりとした乗り心地。SUVならではのユサユサ感もほとんどありません。

目地段差ではゴツゴツとした衝撃を拾いますが、角が丸くなっているため不快な印象はありません。

ハンドリング

大柄なボディを活かしたスローなハンドリング。コーナリング中はややロールが大きく、キビキビとした俊敏な身のこなしは苦手です。といっても、ドライバーの操舵に対する反応は素直ですから、狙ったラインを外すような事はありません。

大柄なボディの割に最小回転半径(5.5m)が小さく、狭い路地でも比較的簡単に切り返すことができます。

【評価レビュー】のまとめ

パワフルな3.0Lディーゼルエンジンに、重厚感のあるしっとりした乗り味。メルセデスベンツならではの風格。広々とした室内と荷室を持った大型クロスオーバーSUVです。

大柄のボディとメルセデスベンツらしい威風堂々としたスタイリングで、周りを適度に威圧しながら走りたい人にピッタリな車です。「周りを威圧する」と言うとなんだか悪い事をしているような感じがしますが、それによって煽り運転や無理な割り込みなどが激減するので、大人しい人にこそ乗って欲しい車です。

室内にはたっぷりとしたスペースが確保されているため、ファミリーカーや趣味のためのトランスポーターとしても十分活用できます。

中古車市場では

2017年式「GLE 350d 4MATIC スポーツ」で790万円前後。2015年式の初期モデルであれば、720万円前後となります(2017年12月現在)。

価格

価格 | 8,680,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)