アルピナ社「BMW アルピナ B3 S ビターボ リムジン」を展示!【東京モーターショー2017】


BMW アルピナ B3 S ビターボ リムジン

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

この会場でアルピナ社は、「BMW アルピナ B3 S ビターボ リムジン」を展示していました。

今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

エレガント、ダイナミック、高トルク – ニューBMW ALPINA B3 S Bi-Turboは、パフォーマンスと卓越した快適性を融合させ、高水準のドライビング・プレジャーを実現しています。

引用:アルピナ公式サイト

スポンサーリンク

「BMW アルピナ B3 S ビターボ リムジン」の概要

この車を開発した「アルピナ」は、BMWをベースにチューンナップを施し、高性能コンプリートカーに仕立て上げる専門メーカーです。

「BMW アルピナ B3 S ビターボ リムジン」は、BMW 3シリーズ「335iセダン」をベースに、エンジンのチューンナップと足回りの強化が行われたスポーツサルーンです。

最高出力は335i(306馬力)を大幅に上回る410馬力を発揮。最大トルクは、なんと67.3kg・fに及びます。

その他にも、アダプティブ・スポーツサスペンションや電子制御ダンパー。バリアブル・スポーツステアリングに、ダイナミック・ドライブコントロール・システムなど電子制御デバイスも豊富に装備されています。

「リムジン」とは4ドア・セダンのことで、この他に「ツーリング」と呼ばれるステーションワゴンもあります。BMW M3には「ツーリング」の設定がありませんから、3シリーズ・ツーリングのハイパフォーマンスバージョンが欲しいという人には嬉しいモデルとなります。

スポンサーリンク

「BMW アルピナ B3 S ビターボ リムジン」の外観

アルピナ社のコンプリートカーは、その並外れた内容とは裏腹に、外見は非常に上品で抑制の効いた佇まいを持ちます。

フロント

伸びやかなノーズに精悍なヘッドライト、薄型のキドニーグリルが組み合わされます。フロントバンパーがアルピナ専用デザインとなり、フロント周りの精悍な印象をされに引き締めています。

サイド

ロングノーズ・ビッグキャビンの伸びやかなサイドビュー。キャラクターラインにアルピナ専用デカールがひっそりとあしらわれ、この車の特別感を控えめに表現しています。

車好きに対しては「おお、アルピナだ!」といった神通力を発揮しますが、普通の人にはただのBMWにしか見えません。

リア

ハイデッキ化されたヒップラインに、リップスポイラーとアルピナ専用リアバンパーが装備され、4本出しのパイプ・フィニッシャーと相まって、上質で力強いリアエンドを演出しています。

スポンサーリンク

スペック

項目 スペック
エンジン 2979cc・直列6気筒DOHCターボエンジン
トランスミッション スイッチトロニック付き8速AT
駆動方式 FR
最大出力 440ps/5500-6250rpm
最大トルク 67.3kgf・m/3000-4500rpm
全長x全幅x全高 4645mmx1810mmx1445mm
車輌重量 1650kg

販売価格

11,350,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。