「Honda NeuV」日本初登場!人工知能を持った電気自動車【東京モーターショー2017】


2017年10月25日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

ホンダはこの会場で、次世代の電気自動車を提案するコンセプトカー「Honda NeuV」を日本初公開しました。

「Honda NeuV」は、AI技術「Honda Automated Network Assistant」を搭載し、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカーです。

引用:ホンダ公式サイト

スポンサーリンク

「Honda NeuV」の概要

「Honda NeuV」は、2017年1月、アメリカのラスベガスで開催された家電見本市「CES2017」ですでに公開されています(ここで先行公開されるという事は、「Honda NeuV」は家電に近い要素を持った車という事)。

人工知能を搭載した自動運転機能付きの電気自動車で、この人工知能を制御するソフトウェアには、ソフトバンク子会社の「cocoroSB」が開発したAI技術「HANA」が使われています。

「HANA」は、ドライバーの感情を表情や声の調子から読み取り、安全運転のサポートを行ったり、サービスの提案します。

さらに、車が使われていない時には、ドライバーの許可を得て自動運転によるカーシェアリングをする事も可能です。つまり、ドライバーがのんびりくつろいでいる間に、車が自分で小遣い稼ぎを行ってくれるというわけです。まあ、日本では規制ががんじがらめになっているので無理そうではありますが。

スポンサーリンク

「Honda NeuV」の外観

自動車と家電の間に位置するような、シンプルかつモダンなスタイリング。近未来を舞台としたSF映画に登場しそうな車です。

フロント

Honda NeuVのフロント

フロントからルーフにかけて一体的に成型されたクリアパーツが、戦闘機の風防やカプセルを彷彿とさせます。LEDヘッドライトやフォグランプはこの風防の下にレイアウトされており、消灯時に位置を知ることはできません。

サイド

大きなホイールにコンパクトな四角いボディ。掃除機を連想させるシンプルなスタイリングです。ボディサイドには斜めのラインが大胆に施され、このシンプルなボディをスポーティにまとめています。

リア

Honda NeuVのリア

ルーフエンドからサイドにかけて、リアコンビランプが大きく回り込み、シンプルな四角いリアエンドに面白い効果を与えています。

ただ、LEDヘッドライトやリアコンビランプが点灯していると、シンプル過ぎて面白みにかけます。ライトありきの近未来的なスタイリングといったところです。

スポンサーリンク

「Honda NeuV」の内装

ダッシュボード全体を覆う大きなワイド液晶ディスプレイが装備されます。コンセプト動画を見ると、眼前の液晶ディスプレイにはスピードメーターや電気残量などが表示され、モニターのサイドギリギリには小型カメラによる電子ミラーの映像がそれぞれ表示されています。残ったスペースには、SNSのメニュー画面が表示されています。

物理的なステアリングが残されているため、自動運転と手動運転を切り替えることも可能です。

シートは完全な2シーターで、モダン家具のようにおしゃれで上質なシートが装備されます。形が薄く実際に長時間座っていると疲れそうですが、まあ、純粋なコンセプトカーなのでデザインを優先しているのでしょう。

販売予定

販売予定時期、価格についての発表はありません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)