「Mercedes-AMG Project ONE(プロジェクト・ワン)」日本初公開!F1マシンのパワーユニットを搭載したスーパースポーツ【東京モーターショー2017】


Mercedes-AMG Project ONEとF1マシン

2017年10月25日から11月5日まで、東京ビックサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

この会場でメルセデスベンツ日本は、F1マシンのパワーユニットを搭載したスーパースポーツ「Mercedes-AMG Project ONE」を日本で初めて公開しました。

さらにこのマシンの隣には実際のF1マシンも同時に展示され、モータースポーツファンを大いに喜ばせていました。

2017年9月のフランクフルトモーターショーも、さまざまなニューモデルやコンセプトカーが会場を湧かせた。中でも主役の1台がメルセデス・ベンツの「Mercedes-AMG Project ONE」だったことは間違いないだろう。

引用:メルセデスベンツ公式サイト

スポンサーリンク

「Mercedes-AMG Project ONE」の概要

この「Mercedes-AMG Project ONE」は、2017年9月にドイツ・フランクフルトで開催された「フランクフルトモーターショー2017」の会場で世界初公開された車です。

AMG設立50周年を記念して企画されたスーパースポーツで、単なるコンセプトカーではなく、ほぼこのままの仕様で2019年から生産販売が開始される予定です。

心臓部にはF1マシンにも使われている1.6L電動アシスト・シングルターボエンジン+電気モーターが搭載され後輪を駆動。さらに熱エネルギー回生システムと運動エネルギー回生システム、及び前輪を2機の電気モーターで駆動するハイブリッドシステムが搭載されます。

スポンサーリンク

「Mercedes-AMG Project ONE」の外観

フロント

Mercedes-AMG Project ONEのフロント

低く身構えたフロントノーズに、大きく口を開いた迫力満点のエアーインテーク。小さく絞り込まれたキャビンが対比され、スパースポーツらしいド迫力の外観を惜しげもなく披露しています。

サイド

前後に薄く長いボディに大きなホイール。小さく弧を描くキャビンが中央に載せられ、伸びやかでアグレッシブなサイドビューを構成。

リア

Mercedes-AMG Project ONEのリア

大地をガッと掴むように力強く広がるリアフェンダー、大きなエアーアウトレットと一体化したリアコンビランプ、ワイド&ローのヒップラインが一体となって、スーパースポーツならではの力強いリアエンドを形づくっています。

スポンサーリンク

スペック

項目 スペック
パワーユニット 1.6L電動アシスト・シングルターボエンジン+電気モーター+前輪に2機の電気モーター
トランスミッション 8速AMGスピードシフト
最高出力 1000馬力
最高速 350km/h
駆動方式 前輪を2つの電気モーターで駆動する4WDシステム

価格と販売時期

価格は227万5000ユーロ(日本円で約3億200万円)。275台限定で2019年に販売予定。ただし、この販売分はすでに予約で完売しています。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。