「スズキ スペーシア コンセプト」登場!スーツケースをモチーフにした凸凹ボディが楽しい【東京モーターショー2017】


スズキ・スペーシア・コンセプトの斜め前

2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

スズキ自動車はこの会場で、市販化を前提としたコンセプトカー「スズキ スペーシア コンセプト」を公開しました。

今回も、会場で撮影した写真とともにレポートします。

<参考出品車> 「わくわく」「楽しさ」を詰め込んだ新スタイルの軽ハイトワゴン 「SPACIA CONCEPT(スペーシア コンセプト)」

引用:スズキ自動車公式サイト

スポンサーリンク

「スズキ スペーシア コンセプト」の概要

「スズキ スペーシア コンセプト」は、現行型スペーシアの後継モデルを前提としたコンセプトカー。高いルーフと低い床による広々とした室内を実現した、俗に言う「軽ハイト系ワゴン」です。

ボディや内装をみると、しっかりと量産を前提とした作り込みが行われており、すでに市販モデルとして完成していることが分かります。

スポンサーリンク

「スズキ スペーシア コンセプト」の外観

今度の2代目スペーシアは、「シンプルなハイト系ワゴン」というコンセプトをそのまま受け継ぎつつ、スーツケースをモチーフとするゴツゴツとしたデザインが随所に取り入れられ、道具感あふれる楽しい雰囲気を演出しています。

ボディ両側にはスライドドアが装備され、子育て世代に嬉しい工夫にも抜かりはありません。

フロント

がっしりとした四角いノーズに、やわらかなラインで構成されたヘッドライトを装備。タフな道具感を感じさせつつも、どこか癒し系の表情が気持ちを和ませます。

サイド

スズキ・スペーシア・コンセプトのサイド

↑コンパニオンのお姉さんが、手でスズキマークを作っています(上手く出来ていないところがかわいい!)。

スーツケースをモチーフとするゴツゴツとしたボディに、ブラックアウトされたピラー(柱)によるフローティングルーフ(浮いたように見える屋根)が組み合わされ、遊び心あふれる楽しいサイドビューを構成しています。ドア周りのフレームが、ボディカラーとして残されているのも、面白い効果を生んでいます。

リア

スズキ・スペーシア・コンセプトのリア

四角いリアエンドに柔らかな面で抑揚が与えられ、硬くなりがちなハイト系ワゴンをしなやかにまとめています。

スポンサーリンク

「スズキ スペーシア コンセプト」の内装

ダッシュボードにもスーツケースをモチーフとした、楽しいデザインが施されています。この部分にはボディカラーが差し色として反復され、シンプルながらおしゃれなデザインを成立させています。シンプルでおしゃれと口で言うのは簡単ですが、実際にこれを成立させるには結構なセンスを要求されます。甘ったるくなりすぎたり、シンプルで貧乏くさいデザインになったりと、凡庸なデザイナーならついついやってしまいます。

「スズキ スペーシア コンセプト」のスペック

項目 スペック
駆動方式 2WD
全長x全幅x全高 3395mmx1475mmx1800mm
ホイールベース 2460mm
エンジン 658ccの直列3気筒エンジン+マイルドハイブリッド

「スズキ スペーシア コンセプト」の発売時期

スズキ自動車公式サイト上で、2017年12月に発売されるとアナウンス。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)