メルセデスベンツ日本は、Aクラスサイズの電気自動車「Concept EQA」を東京モーターショー2017の会場で日本初公開!【ニュース】


メルセデスベンツConsept EQAのフロント

メルセデスベンツは、2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」の会場において、電気自動車のコンセプトカー「Concept EQA」を日本初公開しました。

今回も、秋ろーが会場で撮影した写真とともにレポートします。

スポンサーリンク

「Concept EQA」の概要

「EQ」は、メルセデスベンツが構築する次世代のEVブランドです。つまりこの「Concept EQA」は、「A」という文字が末尾にありますので、Aクラス・サイズの電気自動車という事になります。

2017年9月にドイツ・フランクフルト市で開催された「フランクフルト・モーターショー2017」の会場で世界初公開され、今回、東京モーターショーの開催に合わせて、日本でも公開されることになりました。

スポンサーリンク

「Concept EQA」の外観

メルセデスベンツConsept EQAのリア

フロント

Aクラスサイズといっても、現行型メルセデスファミリーとは全く異なる趣のフロントフェイスです。

スムーズな曲線で構成されたフロントノーズに、LEDで彩られた擬似的なグリル。新体操選手の使うリボンのように、クルクルと立体的な形状を持つ不思議なLEDヘッドライトが装備されます。近未来感溢れるスポーティなフロントフェイスです。

このLEDグリルは、ドライバーの好みに応じて色を自由に変更することができます。

サイド

前後ギリギリまで切り詰められたオーバーハングに、なだらかなルーフ形状と薄いキャビンスペースが相まって、キビキビとしたスポーツ感を表現しています。

リア

メルセデスベンツConsept EQAのリアコンビランプ

尻下がりのヒップラインに、リボン型LEDを内蔵するリアコンビランプ。ブラックアウトされたルーフとリアウィンドウが一体となり、このEVに個性的な表情を与えています。

スポンサーリンク

「Concept EQA」のスペック

ボディサイズは、全長4285mmx全幅1810mmx全高1428mm。ホイールベース、2729mm。

60kwhの大容量リチウムイオン電池を搭載し、航続距離は最大で400km。急速充電器を使えば、10分の充電で100kmの走行が可能です。コンセプトカーといっても、この当たりの数値は、かなり実際の電気自動車に近いものを想定しています。

前後にそれぞれ1機ずつの電気モーター(200kw)を搭載し、電気的な4WDシステムを実現しています。最大出力は272ps。最大トルクは発表されていませんが、電気モーターの巨大なトルクを使って、このコンパクトなボディをキビキビと走らせてくれるはずです。

「Concept EQA」の市販予定

「Concept EQA」の市販化については発表されていませんが、ダイムラーAGのディーター・ツェチェ会長は、「2022年までに全てのメルセデスベンツ車が、何らかの形で電化に対応する」とフランクフルト・モーターショー2017の会場で述べています。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。