新型 スバル プレオ +(プラス)G スマートアシスト(2代目)【試乗評価】優れた燃費性能と高いコストパフォーマンス [DBA-LA350F]


今回は「新型 スバル プレオ +(プラス)G スマートアシスト(2代目)」を試乗レポート。
2017年にフルモデルチェンジした、軽自動車の5ドアハッチバックです。

すでに発売されているプレオの発生車種という位置づけで、プレオよりも燃費性能に特化した車作りが行われています。

プレオ同様、ダイハツからOEM供給(ダイハツが設計から製造までを担当)されており、ダイハツ・ミライースとは兄弟車の関係にあります。

プレオの殆どの車種がプレオ・プラスへと統合され、MTのみのモノグレードとなったため、現在ではスバルにおけるエントリーカーの役割も担います。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「試乗評価のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長3395mmX全幅1475mmX全高1500mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2455mmとなります。

フロント

複雑な直線で構成されたメカニカルなフロントノーズ。ボルボのようなアイラインが中央に入れられ、クールな表情をたたえています。このデザインなら、女性から男性まで気兼ねなく乗れそうです。

サイド

傾斜の強いAピラー(一番前の柱)とノーズがスムーズに連結され、ワンモーションフォルムに近いスタイリング。ジグザグ型のCピラーが全体のフォルムを軽快に引き締めています。

リア

単調になりがちな軽自動車のリアエンドに、複雑な直線と面構成によって味わい深い表情を作り出しています。

スポンサーリンク

内装

軽自動車としては標準的な質感の内装。メーターナセルには多角形をモチーフにしたデジタルメーター(ルミネセント・デジタルメーター)が装備され、SF映画に出てくるようなメカニカルなイメージを演出しています。

ドリンクホルダーや小物入れ、ダッシュボード上のトレーなど、バリエーション豊かな物入れも装備され、使い勝手が大きく向上しています。

シフトレバーはインパネ上部に装備されるため、センタートンネルがありません。助手席から運転席への移動も簡単です。

シート

前席には、コストと燃費性能を重視した、一体成型タイプのシートが装備されます。やや体圧が集中しがちですが、中距離(30km)程度の移動であれば問題ありません。

後席もクッションが薄く長時間の使用は疲れそうです。ただし、足元、頭上空間ともに十分なスペースが確保されており、成人男性ふたりが余裕を持って座れます。

荷室

室内空間を広くとっているため、荷室は小さめです。それでも、家族4人であれば1泊2日旅行くらいは十分可能です。

静粛性

燃費を重視した軽自動車としては標準的な静粛性能を確保しています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

658ccの直列3気筒DOHCエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、49ps/6800rpmの最高出力と、5.8kgf・m/5200rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量670kg。JC08モード燃費は、34.2km/lとなります。

エンジン

658ccのツインカムエンジンで前輪を駆動。高回転型のエンジンという事もあって、やや出足はもっさりとした印象です。ただし、一旦走り出せば、先代よりも軽量化された車重によって、キビキビとした軽快な走りが可能です。日常領域であれば十分な力強さを持っています。

トランスミッション

ベルトとプーリーによって連続的に変速するCVTを装備。燃費を重視したセッティングのため、エンジン回転と車速の伸びが不自然にリンクしない、CVT特有の「ラバーバンドフィール」があります。まあ、この車を日常の足車としてのんびり転がす人には、いちいちそんな事を気にする人もいないでしょうが。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

乗り心地

空気圧の高いエコタイヤを履くため、乗り心地は若干硬めです。といってもスポーツカーではありませんので、日常的な快適性能は十分確保されています。

ただ、目地段差では硬い足回りが災いして、バタバタとした不快な衝撃を車内に伝えます。Gグレードには14インチホイールが装備されますが、乗り心地を重視するなら小さな13インチの方がオススメです。

ハンドリング

硬めのエコタイヤを履くものの、ステアリングフィールは若干曖昧です。コーナーリング中はある程度のロールを発生しますが、挙動が緩やかで予測しやすいため不安感はありません。

小回り性能が高く、狭い路地でもクルリと向きを買えることができます。初心者にとっては難関の縦列駐車も、比較的簡単です。

その他

先進安全技術「スマートアシストⅢ」が装備されます。

この装備には、歩行者と自動車に対応した「衝突警報機能・衝突回避支援ブレーキ機能」、「車線逸脱警報機能」、「AT誤発進抑制制御機能」、「先行車発進お知らせ機能」、「ハイビームアシスト」が含まれます。

試乗評価のまとめ

ダイハツからOEM供給を受ける、軽自動車の5ドア・ハッチバック。スバルファミリー内でエントリーカーの役割を担います。

ギリギリのコスト削減と、燃費性能向上のための軽量化が行われていますが、モデルチェンジによって走りの質感や快適性も磨かれています。

若者の通勤・通学用の足として、子育て世代のセカンドカーとしてピッタリな一台です。

直線基調による硬質なデザインが与えられており、「ベーシックな軽自動車は女性的なデザインが多い」と躊躇していた若い男性でも気兼ねなく乗ることができます。

中古車市場では

プレオ・プラス(2代目)は登場したばかりですが、中古車市場に大量の新古車が流れています。2017年式「プレオ・プラス F」で80万円前後といったところです(2017年11月現在)。

価格

価格 | 1,220,400円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。