新型 スバル XV 2.0i-S EyeSight(3代目)【試乗評価】すべらかな乗り味と楽しい雰囲気が魅力! [DBA-GT7]


スバルXV2.0i-Sのフロント

今回は「新型 スバル XV 2.0i-S EyeSight(3代目)」を試乗レポート。
2017年にフルモデルチェンジした、5ドア・ハッチバックです。

先行して発売された「スバル・インプレッサ」をベースに、最低地上高をリフトアップ。アウトドアテイスト溢れる装飾を施したクロスオーバーSUVです。

本格的なクロスカントリー車を持たないスバルが、苦肉の策として立案した乗用車ベースのお手軽な手法です。「本格的なSUVでは気が引ける」とか、「大げさ過ぎる」といったユーザーの微妙なニーズを掴み、今や世界中で人気のジャンルとなっています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「試乗評価のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長2085mmX全幅1520mmX全高1200mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2670mmとなります。

インプレッサの上質なスタイリングを活かしながらも、アウトドアテイスト溢れる装飾がふんだんに盛り込まれ、アグレッシブで楽しいスタイリングに仕上がっています。

スタイリングだけで楽しさを感じさせる日本車というもの今や貴重な存在です。オレンジや水色など、カラーも楽しい色を選びたくなります。

フロント

なめらかなフロントノーズにがっしりとした六角形グリル。ブラックベゼルを施された精悍なヘッドライトが組み合わされ、スポーティなフロントフェイスを形づくっています。

ヘッドライトやその周辺には複雑で張りのある面が与えられ、クラス標準レベルを大きく超える上質感を感じさせます。

サイド

なだらかに傾斜するルーフ形状に短いリアオーバーハング(後輪からボディ後端までの長さ)。リフトアップされた最低地上高が相まって、近未来のクロスオーバーSUVといった趣です。

長いフロントオーバーハングは、スバル車のスタイリング上の大きなデメリットですが、このXVはリアオーバーハングを切り詰めることで、バランス上の辻褄がうまく取れています。

リア

スバルXV2.0i-Sのリア

多角形をモチーフとするデザイン要素があちこちに散りばめられ、メカニカルでがっしりとしたリアエンドを構成しています。

ただ、現行型のリアコンビランプはちょっとスマートすぎます。XVには先代のがっちりとしたリアコンビランプの方がしっくりときますね。このあたりは、インプレッサをベースとしているので致し方ありませんが。

スポンサーリンク

内装

スバルXV2.0i-Sの内装

基本的にインプレッサの内装デザインをそのまま踏襲しています。目新しさはありませんが、クラス標準レベルの質感は十分クリアしています。

2.0系列にはオレンジステッチが施され、上質感とスポーティさを表現しています。

眼前には大型の二眼メーターが装備され、視認性も良好。エアコンの調整つまみは、手探りでの操作がやりやすいダイヤルタイプとなります。

シート

スバルXV2.0i-Sの前席

前後ともに、オレンジステッチの入った、ファブリック&合皮の専用コンビシートが装備されます。

前席は、適度な立体感をともなった美しい形状のスポーツシート。柔らかな表皮に中庸な硬さのクッションが組み合わされ、疲れの少ない快適なシートです。

後席は、座面に角度、シートバックの長さともに申し分ありません。足元と頭上空間には十分なスペースが確保されており、成人男性二人が余裕を持って座れます。

荷室

スバルXV2.0i-Sの荷室

インプレッサ・スポーツをベースとしているため、荷室には十分以上のスペースが用意されます。家族4人分であれば、なんとかキャンプ道具を積む事も可能です。シートバックを4:6で倒すことによって、さらに荷室スペースを拡大することができます。

静粛性

ややロードノイズが大きいものの、クラス標準レベルの静粛性を確保しています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1995ccの水平対向4気筒DOHCエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、154ps/6000rpmの最高出力と、20.0kgf・m/4000rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量1440kg。JC08モード燃費は、16.0km/lとなります。

エンジン

2.0Lボクサーエンジンで4輪を駆動。自然吸気エンジンらしいフラットなトルク特性で、低速から必要十分以上のパワーを発揮します。緻密なフィールで気持ちよく吹け上がる印象です。

トランスミッション

スバルXV2.0i-SのCVT

ベルトとプーリーによって無段階に変速するCVTを装備。7速マニュアルモード&パドルシフト付き。スバル伝統の「SIドライブ」も装備されますが、通常走行であれば「インテリジェント・モード」に入れておくだけで十分です。

インテリジェントモードでゆったりと市街地を流しているだけなら、CVT特有の違和感(ラバーバンド・フィール)もほとんど感じられません。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはダブルウィッシュボーン式サスペンションが装備されます。

乗り心地

適度な硬質感を伴った、滑らかな乗り心地。ベースとなるインプレッサよりも、サスストロークが延長されているため、さらに懐の深いまろやかさを感じます。

クロスオーバーSUVといっても、基本的にはオフロードよりもオンロードの乗り心地が重視されています。

ハンドリング

スバルXV2.0i-Sのステアリング

ドライバーの操舵にリニアに反応して、素直にノーズをコーナー出口へと向けます。リフトアップされた車高を持つものの、不快なロールはありません。安定した姿勢を保って気持ちよくワインディグをクリアします。

その他

先進安全技術「EyeSight」は、Version.3が装備されます。

試乗評価のまとめ

スタイリッシュな外観と、広々とした室内。使い勝手の良い荷室を持つ「新型インプレッサ」をベースに、アウトドアテイスト溢れるディティールが施されたクロスオーバーSUVです。

新型インプレッサで話題となった、クラス標準レベルを超える上質な乗り心地も継承されています。

「本格的なオフロード性能は不要だが、カジュアルにSUV感覚を楽しみたい」といった人にピッタリな車です。

「利便性に優れる5ドア・ハッチバックを選びたいが、どうも所帯じみたイメージがして買いにくい」と思っていた人にもオススメしたいです。

ユーザー層としては、20代の若者や30代、40代の子育て世代といったところでしょうか。

中古車市場では

中古車市場には程度の良い新古車が大量に出回っています。「XV 2.0i-S EyeSight」2017年式新古車の場合、270万円前後。先代モデル「XV 2.0i-L EyeSight」2017年式で、230万円前後となります(2017年11月現在)。

価格

価格 | 2,678,400円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)