新型 アウディ TT RS クーペ(3代目)【試乗評価】個性的スタイリングを持つTTクーペのホットバージョン [ABA-FVDAZF]


今回は「新型 アウディ TT RS クーペ(3代目)」を試乗レポート。
2017年にフルモデルチェンジした、Mクラスの2ドア・クーペです。この他にオープントップのロードスターがあります。

1998年に登場した初代TTクーペは、その個性的なフォルムに世界中の自動車好きが驚いたエポックメイキングな車です。

ただし、初代TTクーペはスペシャリティな側面が強く、走りを純粋に楽しむというよりは、安い価格で気軽にスタイリングとスポーティな雰囲気を楽しむという車でした。

そうはいっても市場に合わせてグレード展開をはかるのが自動車会社です。その後、「スポーティな走りも楽しみたい」という市場ニーズが高まると、このアウディTTのホットバージョン「TT RS」が追加されます。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「試乗評価のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4190mmX全幅1830mmX全高1370mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2505mmとなります。

初代TTクーペの個性的なフォルムを活かしつつも、シャープなラインによって新しさと精悍さが増しています。

フロント

張りのある面で構成されたフロントノーズに、シャープな形状の角型ヘッドライト。六角形のシングルフレームグリルと、直線的なデザインのフロントバンパーが組み合わされ、小気味いいスポーティ感を表現しています。

サイド

サイドビューは多くの部分で先代TTクーペを踏襲しています。ただし、ディティールにシャープなデザインを多用することによって、全体のスタイリングをクッキリと引き締めています。

初代TTクーペのモチーフをしっかりと受け継ぐ、トライアングル型の個性的なフォルムが魅力的です。

リア

なだらかなノッチバック形状はそのままに、尻下がりのヒップラインやシャープな形状のリアコンビランプが組み合わされ、スポーティで個性的なリアエンドを構成しています。

スポンサーリンク

内装

囲まれ感の強いタイトなコックピットにしっとりとした上質な樹脂、輝度の高いメタリック素材が組み合わされ、スポーティで質感の高いインテリアデザインを実現しています。

メーターナセル内には、高精度なTFT液晶を使った「バーチャルコックピット」が装備され、視認性、使い勝手ともに良好です。

シート

前席には、立体的な形状のスポーツシートが装備されます。本革とアルカンターラ表皮が組み合わされ、座り心地と見た目の高級感を両立。長時間ドライブも快適にこなすことができます。

2ドアクーペですが、後席にも小さなシートが装備されます。足元、頭上空間ともに窮屈で、短時間の使用に限定した緊急用シートです。いわゆる、2+2というやつですね。ただし、2人乗りの時は手荷物置き場として使うこともできますので、利便性は高いです。

荷室

収納スペースは広く、2人乗車であれば、2泊3日旅行も可能です。

静粛性

スポーティなエンジンサウンドが気持ちよく車内に響きます。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

2480ccの直列5気筒DOHCターボ・エンジンに、7速AT(デュアルクラッチ)が組み合わされます。
エンジンは、400ps/5850-7000rpmの最高出力と、48.9kgf・m/1700-5850rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量1490kg。JC08モード燃費は、11.7km/lとなります。

エンジン

2.5Lツインカムエンジンで4輪を駆動。スポーティにチューニングが施された5気筒エンジンは、低速から図太いフラットトルクを発揮。1.5tのボディを軽々と加速させます。5気筒エンジンならではの不協和音を伴うエンジンサウンドが、ある意味荒々しい力強さを強調しています。

レスポンスも高く、アクセルを軽く踏み込むだけで瞬時に鋭いトルクが立ち上がります。

トランスミッション

デュアルクラッチを使った7速Sトロニック(ローンチコントロール付き)を装備。電光石火の早業で瞬時に変速、ダイレクト感溢れるドライブフィールを堪能することができます。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪には4リンク式サスペンションが装備されます。

乗り心地

スポーティに引き締まった硬めの足回り。通常モデルのような快適性はありません。荒れた路面ではゴツゴツとした衝撃を車内に伝えます。

高速域での安定性は高く、フラットな姿勢のままどっしりと直進します。

ハンドリング

重厚感を伴うスポーティなハンドリング。結構なハイペースでコーナーに進入しても、4輪がしっかりと路面を捉え続けます(流石クワトロ!)。タイヤのグリップをしっかりと使いながら曲がる、オンザレール感覚の強いステアリングフィールです。

コンパクトな車体を活かして、キビキビとした軽快な走りを楽しむことができます。まさに、手足の延長に車があるような感覚です。

ただし、FRのようにアクセル操作でボディの向きをコントロールするような走りは苦手です。

試乗評価のまとめ

アウディTTクーペは、初代アウディTTクーペの個性的スタイリングを継承するスポーツ・クーペ。

この「TT RS クーペ」は、その現行型アウティTTをベースに、スポーツチューンが施された「2.5L5気筒ツインカムターボエンジン」を搭載。引き締まったスポーツサスペンションを与えられたホットバージョンです。

アウディTTの個性的な外観を楽しみながらも、「本格的なスポーツドライビングも捨てがたい」と考えている走り好きな人にピッタリな一台です。

中古車市場では

この「TT RS クーペ(3代目)」は、登場したばかりで値ごろ感のある中古車はありません。2017年式の極上車や新古車で、800万円台後半といったところです(2017年11月現在)。

先代の「TT RS クーペ(2代目)」2011年式モデルであれば、400円前後となります。

価格

価格 | 9,890,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)