新型 日産 デイズ ボレロ(Xベース)【試乗評価】デイズにクラシックなお化粧を施した特別仕様車 [DBA-B21W]


日産デイズ・ルークス・ボレロのフロント

今回は「新型 日産 デイズ ボレロ(Xベース)」を試乗レポート。
2013年にフルモデルチェンジした、軽自動車の5ドアハイトワゴンです。

日産自動車と三菱自動車が共同で設立した合弁会社「NMKV」が設計開発を担当。製造は三菱自動車の水島製作所で行われます。

三菱自動車の「ekシリーズ」とはプラットフォーム(基本骨格)を共有する兄弟車の関係にあり、ディティールやエンブレム以外はほとんど同じ仕様となります。

2015年には、内外装のデザイン変更をともなうマイナーチェンジを実施。この「ボレロ」はそのマイナーチェンジとともに登場した特別仕様車で、「日産デイズ」をベースにクラシックな外装とおしゃれな内装デザインが施されています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「試乗評価のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長3395mmX全幅1475mmX全高1620mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2430mmとなります。

フロント

丸みを帯びたフロントバンパーには、メッキモールドで縁取られたエアスクープ(メッシュ)が装備され、クラシックでやわらかな表情をみせます。グリルもボレロ専用のプレーンなデザインとなります。

サイド

サイドビューはベースとなる「デイズ」と変わりません、ズングリとした短いノーズに背の高いキャビンが組み合わされ、がっしりとした印象です。サイドパネルの深いキャラクターラインが力強さをさらに強調しています。

リア

日産デイズ・ルークス・ボレロのリア

リア周りもベース車輌との大きな違いはありません。背の高いルーフに四角いリアエンド、L字型のリアコンビランプが組み合わされ、塊感のあるリアエンドを構成しています。

スポンサーリンク

内装

日産デイズ・ルークス・ボレロの内装

内装デザインも基本的にベース車輌のデイズを踏襲します。ただし、専用レザー調シートや専用ドアトリムなどが装備され、明るくおしゃれな雰囲気に仕上がっています。

日産デイズ・ルークス・ボレロのステアリング

眼前には大きな一眼メーターがレイアウトされます。見た目のカッコよさなら三眼メーターですが、視認性ならシンプルな一眼メーターが一番です。

日産デイズ・ルークス・ボレロのナビ

センターコンソールには、見やすく大きな表示のタッチパネルが装備されます。ただし、手探りでエアコンを調整するときはちょっとまごつきますが。

シート

日産デイズ・ルークス・ボレロのシート

前後席ともに、おしゃれな専用レザー調シートが装備されます。

前席は、軽自動車にしてはサイズもたっぷりとしており、適度なコシのある快適なシートです。中距離(30km)程度であれば十分快適に移動することができます。

後席には、左右それぞれにスライド&リクライニング機構が装備されます。ややシートバックの高さが足りないものの、中距離程度であれば腰が痛くなることもありません。足元、頭上空間ともに広々としたスペースが確保されており、成人男性二人が座っても十分な余裕があります。

荷室

荷室はかなりせまく、4人乗車であれば手荷物程度しかおけません。ただし、6:4でシートバックを倒すことができますので、3人や2人乗車であれば、結構な荷物を積み込むことが可能です。

静粛性

アクセルを踏み込むと、盛大にエンジン透過音が車内に響きます。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

659ccの直列3気筒DOHCエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、49ps/6500rpmの最高出力と、6.0kgf・m/5000rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量890kg。JC08モード燃費は、22.0km/lとなります。

エンジン

659ccのツインカムエンジンで前輪を駆動。低速トルクの薄い高回転型のエンジンです。出足が鈍く、中高速域でももっさりとした印象。強い加速を得ようとアクセルを踏み込んでも、ガーガーとエンジン音が高まるだけで大した加速は得られません。

トランスミッション

ベルトとプーリーによって連続的に変速するCVTを装備。エンジンのレスポンスよりも燃費を重視したセッティングのため、軽くアクセルを踏む程度では鋭い加速は得られません。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはトルクアーム式3リンク・サスペンションが装備されます。

乗り心地

適度に引き締まった快適な乗り心地。目地段差ではコツコツと路面の衝撃を伝えます。

ハンドリング

素直で自然なハンドリング。街中を流す程度であれば、ドライバーの意思に正確に反応して気持ちよく曲がります。

短い全長と相まって、狭い路地でも簡単に切り返すことができます。

試乗評価のまとめ

広々とした室内とコンパクトな外観を両立した今流行のハイト系ワゴンです。

この「ボレロ」は、そのハイト系ワゴン「デイズ」をベースにクラシックな外装とおしゃれな内装が施された特別仕様車。

「室内空間の広いハイト系ワゴンが欲しいが、デイズではどうも直線的すぎて食指が動かない。もっとおしゃれな軽自動車はないの?」と考えていた人にピッタリな一台です。

室内空間や使い勝手はベースとなるデイズとまったく同じですから、子育て世代のセカンドカーとして、もしくは若い女性の通勤車としてもオススメです。

中古車市場では

デイズ・ボレロ(Xベース)はマイナーチェンジ後の特別仕様車ですから、初期モデルはありません。マイナー後の2016年式後期モデルで110万円前後となります(2017年式11月現在)。

ベースとなるデイズXの場合、2013年式の初期モデルが60万円前後となります。

価格

価格 | 1,518,480円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)