三菱自動車は、東京モーターショー2017において「三菱エクリプス・クロス」の日本仕様車を発表!【ニュース】


2017年10月25日から11月5日にかけて東京ビッグサイトで行われた「東京モーターショー2017」。

三菱自動車はこの会場で、小型のクロスオーバーSUV「三菱エクリプス・クロス」の日本仕様車を発表しました。

今回は、秋ろーが実際に現場で撮影した写真とともにお伝えします。

三菱エクリプス・クロスの斜め前

※大きな斜めのパネルに、「三菱エクリプス・クロス」が傾けて固定されています。会場で一番の斬新なディスプレイでした。最近の三菱はアウトドア性能を訴求するため、店頭でもデリカ・アクティブギアを斜めに傾けて展示していることがあります。三菱ディーラーを通りかかることがあれば、ちょっと覗いてみてください。

第45回東京モーターショー2017で 「エクリプス クロス」の日本仕様車を初披露。

引用:三菱自走車公式サイト

スポンサーリンク

「三菱エクリプス・クロス」の概要

新しく発表されたこの「三菱エクリプス・クロス」は、先代の2ドアクーペ「三菱エクリプス」とは全く異なるカテゴリーの車です。

クーペライクなスタイリングに新開発の1.5Lダウンサイジングターボが組み合わされ、コンパクトなクロスオーバーSUVとして生まれ変わりました。

世界市場で人気の無い2ドアクーペを避け、最近流行のクロスオーバーSUVとした戦略は当然といえば当然です。加えて当時アメリカ市場で高い人気を誇った「エクリプス」の名称を使うのですから、三菱自動車も中々の商売上手ですね。

会場には、他のメーカーのようなキャンペーンガールはおらず、ファイルを持った広報の女性社員が案内をしていました。ちょっと華やかさには欠けますが、かえって地味ながら清潔な感じがして、「こういうブースが一つくらいあっても良いなあ」と感じました。

スポンサーリンク

スタイリング

コンパクトで軽快感のある「エクリプス・クロス」ですが、実際の全幅はLクラスSUVのアウトランダーよりも5mm大きいです。

ただし、傾斜の強いAピラーとDピラー、290mm短い全長と25mm低い全高によってアウトランダーより一回りコンパクトに見えます。

フロント

三菱エクリプス・クロスのフロント

直線基調のフロントノーズに、三菱自動車共通のクロスグリルが与えられ、アグレッシブで力強い表情を得ています。アウトランダーよりも全高が低くワイドなため、スポーティな躍動感はエクリプスのほうが上回ります。

(広報のお姉さん同士で見つめ合いながら笑顔でアイコンタクト・・・何を伝えているのか気になるぅ)

サイド

がっしりとした骨格に直線的なデザインが与えられ、三菱自動車らしい力強いスタイリングを構成しています。強く傾斜されたDピラー(一番後ろの柱)が、この力強いスタイリングにクーペライクなスポーティ感をプラスしています。

リア

三菱エクリプス・クロスのリア

立体的なリアコンビランプの間を細いガーニッシュが連結。リアスポイラーのような形状と効果が与えられています。ガーニッシュの中にもLEDライトが装備され、後続車輌への視認性、空気の整流効果、後方視界の確保と一石三鳥の効果を併せ持つ面白いアイディアです。

がっしりとしたヒップラインに、このスポーティなリアコンビランプが組み合わされ、躍動感あふれるリアエンドを形づくっています。

スポンサーリンク

内装

三菱自動車といえば、「昭和的な趣を残す暖かい内装デザイン」というイメージが強かったのですが、この「三菱エクリプス・クロス」では、先進的でモダンな内装デザインが与えられ、リズム感のあるカッコいいデザインとなっています。センタークラスター上部には、最近流行のフローティングディスプレイが装備され、ナビ情報から車輌情報まで表示、タッチディスプレイによって操作性も良好です。

「ダッシュボードの下をメッキモールドでグルリと囲む」という内装デザインは世界中に見られますが、それを「ナビ周りにも反復させてリズム感と軽快感を出す」というのは中々のアイディアです。

エクリプスクロスのスペック

1.5LダウンサイジングターボにCVT(無段変速機)が組み合わされ、電子制御によって4輪を駆動。

4405mmx1805mmx1685mmのボディサイズ。ホイールベースは2670mm。

「三菱エクリプス・クロス」の正確なパワーや価格。発売時期についてはまだ発表されていません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)