トヨタは、同社の最上級フラッグシップサルーン「新型センチュリー(3代目)」のモデルチェンジを、東京モーターショー2017で発表!


トヨタ自動車は、2017年10月25日から開催されている「東京モーターショー2017」で、同社の最高級フラッグシップサルーン「新型センチュリー(3代目)」を発表しました。

今回は、秋ろーが東京モーターショーの会場で撮影した写真とともにお伝えします。

3代目トヨタ・センチュリーの斜め前

TOYOTAは、10月25日(水)から11月5日(日)までの12日間*1、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに開催される第45回東京モーターショー2017において、2018年年央に発売予定の新型センチュリーを初披露する。

引用:トヨタ自動車(公式ウェッブサイト)

スポンサーリンク

トヨタ・センチュリーとは?

トヨタのセンチュリーは、代々、宮内庁や会社重役がショーファードリブン(運転手付き)として使うために開発された、同社の最高級フラッグシップサルーンです。上質な仕立ての内外装、トルク感タップリとの上質なエンジンや、最上級の乗り味をもたらす最高の車作りが行われ、フラッグシップサルーンの名にふさわしい高級車となっています。

そのセンチュリーが今回で3代目となり、待望のモデルチェンジを行いました。

スポンサーリンク

モデルチェンジでの改良点

今回のモデルチェンジでは、センチュリー伝統の上質な仕立ての良さや、走りの質感、快適な乗り味はそのままに、時代にマッチした環境性能の向上が盛り込まれています。

その中でも一番注目を集めているのが、5.0LのV8エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムです。3代目センチュリーは、このハイブリッドシステムのおかげで、今まで以上にパワフルな走りと静かな室内空間を実現しています。

同時にホイールベースの拡大やドア開口部の大型化、フロアステップの底床化などが行われ、乗り降り性の向上と室内空間の拡大が行われています。このあたりには、ショーファードリブン(運転手付き)ならではの、リアシートに座る人を中心に考えた設計思想が感じられます。

スポンサーリンク

3代目センチュリーの外観

ぱっと見は、旧センチュリーとよく似たスタイリングですが、細部から丁寧にデザインが見直され、まったく新しいボディが与えられています。

フロント

3代目トヨタ・センチュリーのフロント

センチュリーらしさを継承しながらも、一体感のあるグリルとヘッドライトが与えられ、モダンで上質なフロントフェイスを構成しています。

サイド

直線を基調とする伸びやかなボディに、がっしりとしたキャビン(居住空間)が組み合わされます。重厚感と上質さを感じさせる美しいサイドビューです。

リア

3代目トヨタ・センチュリーのリア

がっしりとしたリアエンドに、横長のリアコンビランプを装備。リアコンビランプ間のガーニッシュがブラックアウトされ、上品な佇まいを一層引き立てています。

この上品な佇まいをそれなりに着こなすには、その会社や組織にもある程度の歴史が必要です。後席にベンチャー企業の若者がふんぞり返っていても、滑稽なだけですから。このあたりの佇まいや世界観は、あのベンツでも及ばびません。

3代目センチュリーの内装

日本古来の伝統を感じさせる上品な内装。水平基調の落ち着いたデザインに、上質な本杢と本革素材、フカフカの最上級モケットシートが組み合わされ、抑えのきいた上質な空間を表現しています。

見栄えの派手な本革を使わず、あえて上質なモケットシートとしているところに、「人にアピールするよりも実際の座り心地を優先する」という本当のお金持ちの拘りを感じます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)