買取査定や下取り査定の時、事故歴や修復歴を申告する義務は無い?【車の売り方】


古いBMW M6

買取査定や下取り査定の時は、買取業者やお店のスタッフが、チェック項目に基づき車の査定をする事になります。

そのため、わざわざあなた自身が「この車は事故車でこんなパーツを交換しています」などと申告する義務はありません。

スポンサーリンク

査定後に修復歴が判明したら

また、買取価格の査定が終わった後、その車が事故車だと判明する事もあります。

こんな時は、すでに契約が終わっているし、こちらは何も虚偽の申告をしていないのですから、買取査定額の減額に応じる必要はありません。

といっても、相手も商売です。かなり強い調子であなたを責め立てるかもしれません。そのお店で新しい車を購入した場合は、その後のメンテナンスなど、付き合いにも大きな影響を与えてしまいます。

スポンサーリンク

修復歴を申告するタイミング

こんな気まずい思いを避けるには、愛車を下取りに出す段階で、「この車には修復歴があるんだけど、そのせいでどれくらい減額されているの?」とカマをかけてみる事です。修復歴に気付いていれば問題はありませんが、「え、修復歴があったんですか?」と言われた場合は、買取額の減額について交渉してみるのも良いでしょう。すでに契約が終わっているのですから、営業マンもそう強くは出られないはずです。

スポンサーリンク

相手は査定のプロ、大きな修復歴を見逃すことは少ない

といっても、相手は査定のプロです。大きな事故なら見逃すことはほとんどありません。自分の愛車に大きな修復歴がある時は、事前に申告しておいた方が後々のトラブルを避けることにもなります。

そのため、秋ろーの場合は、査定をお願いする段階で細かい修復まで正確に申告しています。こうすることで、相手の営業マンもこちらを信用してくれますので、かえってスムーズな買取査定ができます。後で、修復歴が判明して気まずくなる心配もありません。

小さなキズほど正確に申告する

上の章でも述べている通り、秋ろーが買取査定に出す時は、細かい修復歴まで正確に申告しています。しかし、こんな時に大手の買取業者でよく言われるのは、「そんな小さなキズや修復についてまで、申告する必要ありませんよ」というものです。

タッチペンで簡単に修復できるようなキズは、買取査定に大きな影響を与えないという事もあるでしょう。もちろん、査定スタッフにとっては「それぐらいのキズを見逃すことはありません」というプライドもあります。

申告してもしなくても車の査定額は変わらないのですから、信頼を得るためにも小さなキズほど正確に申告する事をオススメします。これもスムーズに買取査定をしてもらうための小さなテクニックの一つです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。