FF車(前輪駆動)はスポーツ走行に向かない?【コラム】


サーキットを走るルノー・メガーヌRS

FR車(後輪駆動)は、駆動力を路面に伝える働きを後輪が担い、車の方向を定める操舵を前輪が担います。そのため、コーナーをクリアしてすぐ、ステアリングが直進状態になる前から、後輪に大きなパワーを掛けても路面に駆動力がしっかりと伝わり、素早くコーナーを脱出することができます。

これに対してFF車(前輪駆動)の場合は、駆動力を伝える働きと操舵の働き、両方の働きを同時に前輪が負担しています。そのため、コーナーの出口で大きなパワーを前輪に掛けると、タイヤがスリップして上手く加速することができません。

こういった理由から、「FF車はスポーツ走行に向かない」とか、「スポーツ走行ならFRだよね」などと言われる事が多いのです。

スポンサーリンク

FRの高度なテクニック「ドリフト走行」

スポーツ走行に向くと言われるFR車ですが、そうは言ってもタイヤの限界を超えて大きな駆動力を掛ければ、当然ながら後輪はスリップを始めます。ただし、FF車と違うのは、そのスリップを利用して、「さらに速い速度でコーナーをクリアする事ができる」という点です。

高度なテクニックを持ったドライバーであれば、「コーナーの途中でタイヤをあえて滑らし、最小限の逆ハンを当てて、さらに速い速度でコーナーをクリアする」なんて芸当が可能です。このような華麗なテクニックを「ドリフト走行」と呼びますが、こういったテクニックによってさらに車を速く走らせる事ができるのも、FR車ならではの大きな魅力です。

スポンサーリンク

FF車の高度なテクニック「タックイン」

ただし、最新型のスポーティなFF車の場合は、足回りやブレーキ、電子制御など、さまざまな部分に工夫が凝らされ、やわな旦那仕様のFRよりも速くコーナーをクリアすることができます。

また、FF車には、FF車のためだけに考え出された「速く走るテクニック」というモノもあります。それは「タックイン」と呼ばれるテクニックで、具体的にはコーナリング中に急激にアクセルをオフ、同時にブレーキングを行って後輪の荷重を一気に抜き、リアを外側に滑らすことで素早く車をコーナー出口に向けるというものです。

これにより、コーナー途中でしっかりとアクセルを踏み込んでも、充分な駆動力を路面に伝えることができるのです。

さらにFF車は直進安定性が高いため、高速域や雨の日、雪道や泥道などでFR以上の安定性を発揮します。駆動輪に掛かるトラクションの良さもFR以上です。

スポンサーリンク

FF車とFR車には、それぞれに違った魅力がある

このように、FF車だからといって必ずしも「スポーツ走行に向かない」という事はありません。条件によっては「FR車よりも速く走れる」なんて事も充分にあり得ます。ただし、その走りの質やフィール、速く走るためのテクニックはそれぞれの駆動方式によって大きく違います。

そのため、最終的には「どちらが速いか」というよりも、「どういった動きやフィールの車が好きか」といった好みの話になってしまいますね。秋ろーの場合は、素直で自然な操舵フィールを感じられるFR車の方が好みです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)