初代 ダイハツ YRV エアロSパック【試乗評価】アグレッシブな外観と、俊敏な走り、使い勝手の良い室内空間 [TA-M201G]


今回の試乗レポートは「初代 ダイハツ YRV エアロSパック」。
2000年から2005年に渡って製造販売されていた、5ドアのマイクロ・ミニバンです。

コンパクト・ハッチバックのダイハツ・ストーリアをベースに開発され、エンジンは初代ヴィッツ用のものを拡大して搭載しています。

当初、トヨタにOEM共有される予定もありましたが、結局、最後までダイハツ専売モデルとして販売されただけでした。

スポンサーリンク

外観

全長3765mmX全幅1625mmX全高1535mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2370mmとなります。

シャープな直線と塊感の強い造形による、個性的な外観を持つマイクロ・ミニバンです。

フロント

短いノーズに、シャープなヘッドライトが装備されます。全体的にカクカクとした塊感の強い造形で、若々しく男性的な印象を与えます。

サイド

ちょっとファンカーゴのようなウィンドウグラフィックスですが、YRVの方がより攻撃的でアグレッシブです。塊感の強い大きなボディに短くシャープなノーズが組み合わされ、切れ味の良い軽快感を演出しています。

リア

がっちりとした四角いリアエンドに、三角形のリアコンビランプが簡潔に組み合わされています。重厚感と共に力強さを感じさせるリアビューです。

スポンサーリンク

内装

空気の吹き出し口とメーターが連続的に組み合わされ、まるで7連メーターのような面白い造形です。しっとりとした樹脂が使われ、クラス標準レベルの質感を確保しています。

ボディの見切りとともに、見晴らしもよく、死角の少ないコックピットです。

シート

幅広のフロントシートの間に、アームレストが組み込まれ、まるでベンチシートのような造形です。腰に体圧が集中しがちですが、中距離(30km)程度の移動であれば問題ありません。

リアシートはヒップポイントが高く、広々と周りを見通すことができます。閉塞感の少ない気持ちの良いシートです。足元、頭上空間のスペースも問題ありません。大人ふたりであれば、ゆったりと座る事ができます。

荷室

荷室は小さめですが、家族4人で1泊2日旅行位なら可能です。ただし、リアシートは取り外す事ができますので、2人乗車の時はさらに広い荷室を作ることができます。

静粛性

エンジン音がスムーズで小さいため、車内は比較的静かな印象です。ただし、下位グレードに搭載される1.0Lエンジンの場合は、エンジン回転が上がりやすく、ノイズとバイブレーションも大きめです。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1297ccの直列4気筒DOHCエンジンに、4速ATが組み合わされます。
エンジンは、90ps/6000rpmの最高出力と、12.6kgf・m/3200rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量930kg。10モード/10・15モード燃費は、17.4km/lとなります。

エンジン

1.3Lのツインカムエンジンで前輪を駆動。低速域からフラットなトルクを発生する扱いやすいエンジンです。軽量ボディと相まって、街中から高速域まで力強い走りが可能です。

回転フィールも、スムーズかつ上質。気持ちよく加速することができます。

上級グレードには、さらに強力な1.3Lツインカムターボエンジンが搭載されます。このターボエンジンは、有り余るパワーで活発な走りをみせますが、普段、市街地を軽快に走るだけならこの自然吸気エンジンで十分です。

トランスミッション

トルコン式の4速ATを装備。フラットなトルクを活かして、スムーズかつダイレクトに変速していきます。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

足回り

欧州での販売をにらみ、足回りには適度に引き締まったスポーティなセッティングが施されます。目地段差では、コツコツと衝撃を車内に伝えますが、不快な程ではありません。

ハンドリング

ドライバーの意図に素直に反応するスポーティなハンドリング。初期操舵の数ミリから正確にノーズの向きを変えます。

ロール量も最小限で、キビキビとした小気味いい走りが楽しいです。

評価のまとめ

適度に引き締まった足回りに、トルクフルで扱いやすいエンジン。広々とした室内を持つ使い勝手の良いマイクロ・ミニバンです。

スタイリングには、アグレッシブで個性的なデザインが与えられ、若者からお年寄りまで、どんな世代の人が乗っても恥ずかしくない車に仕上がっています。

単身者が通勤のために買ってもいいですし、子育て世代が子供の送り迎えに使うにも便利です。リタイヤした高齢者が日常の足として使うにも、コンパクトで取り回しがよく、沢山の荷物を積めるこのYRVはオススメです。

価格

新車当時の価格 | 1,319,000円

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)