海外のレンタカーを、格安代金で利用する方法【お得情報】


海外のレンタカー

アメリカ本国は有名な自動車大国です。ニューヨークなどの都市部を除けば、自動車が生活に欠かすことのできない必需品となっています。

そのため、最近ではアメリカを旅行中にレンタカーを借りる人が増えています。旅行中に車があれば、行動範囲が大きく広がるからです。

そこで今回は、海外でレンタカーを「格安代金」で利用する方法について解説します。

スポンサーリンク

海外レンタカーを利用するなら、ネット予約がオススメ!

海外のレンタカーは、現地でも直接申し込むことができますが、あらかじめ旅行先でレンタカーを利用することが分かっている場合は、インターネットでの予約がオススメです。

これにより、現地で直接申し込むより何割も安い値段でレンタカーを利用することができます。

スポンサーリンク

旅行会社のホームページで、まとめて検索

ただ、海外のレンタカー会社と一口にいっても、その値段と特徴を会社ごとに全部調べるのは中々骨が折れます。

そんな時には、旅行会社公式ページ内にあるレンタカーのページが便利です。ここで検索すれば、すべてのレンタカー会社の料金を一度に調べることができます。

例えば、楽天トラベルの運営する「海外レンタカー」のページです。ここで、アメリカ・ハワイ島にあるヒロ空港のレンタカーを検索すると、最安の「Kis Rio」を丸一日借りた場合、5,219円になると表示されました(シーズンによってこの価格は変動します)。

この料金には、日本のレンタカーのような「走行距離制限」がありませんので、一日中乗り回しても価格が変動することはありません。

また、このプランには、ガソリン満タンでの出発、各種保険と自動車損害補償保険、キャンセルと変更を無料で受付、などが含まれています。

この検索結果には、その他にも様々なレンタカー会社のプランが表示されていますので、この中から自分に合ったプランを選んで予約してください。

これを現地で直接申し込んだ場合は、何割も高くなりますし、英語が得意でない人の場合は、意思疎通のズレから間違ったプランを選択してしまうかもしれません。そういった意味からも「ネットからの予約」をオススメします。

スポンサーリンク

現地での手続き

このように、あらかじめインターネットを使って予約しておけば、現地での手続きは最小限ですみます。

だたし、ネットで予約した時に発行される「予約票(予約確認書)」は、必ずプリントアウトして忘れずに現地に持ち込んでください。また、それと同時に必要になるのは、「日本の運転免許証」と「国際免許証」、「契約者名義のクレジットカード」、その他にレンタカーを運転する予定のある人がいれば、その人の日本の運転免許証と国際免許証も忘れずに提示してください。

もしレンタカーを借りた時に免許証を提示していなかった場合は、その人がレンタカーを運転していて交通事故を起こしたとしても、損害補償の支払いを受けることができません。

あらかじめ現地で記入する項目をローマ字で書き出しておく

レンタカー会社によっては、「予約票(予約確認書)」の発行と同時に、「PRE-REGISTRATION-FORM(仮申込み書)」という書類が発行されます。

これは、英語に自信の無い人のために作られた、現地で記入する項目を分かりやすく整理した書類です。

あらかじめ日本でこの書類に必要事項をローマ字で記入しておけば、実際に現地で記入する際に慌てずに済むという訳です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

記事更新を減らして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)