新型 ポルシェ マカン ベースグレード 2.0L【試乗評価】SUVの外観を纏った高級スポーツカー [ABA-95BCNC]


ポルシェ・マカン・ベースグレードのフロント

今回は「新型 ポルシェ マカン ベースグレード 2.0L」を試乗レポート。
2014年に登場した、5ドアのMクラス・クロスオーバーSUVです。

アウディQ5と一部プラットフォームを共有しながらも、しっかりと独自の乗り味を確立しています。

上級グレードの「マカン S」については、「新型 ポルシェ マカン S【試乗評価】」の記事を御覧ください。

普通、試乗というと営業マンが同乗するか、場合によっては自分ひとりで試乗できる事もあるのですが、今回はポルシェの整備士が同乗します。

スポンサーリンク

外観

全長4680mmX全幅1925mmX全高1625mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2805mmとなります。

長年に渡って受け継がれてきたポルシェルックと、クロスオーバーSUVが見事に融合したカッコいいスタイリング。当初、カイエンが登場した時は、背の高いポルシェ911のようなルックスに強烈な違和感を覚えましたが、あれから数年を経過して、SUV風ポルシェの外観にも随分見慣れた感があります。

フロント

ポルシェ911を彷彿とさせるようなフロントノーズに、おにぎり型のやさしいヘッドライトが組み合わされます。誰が見ても一瞬でポルシェだと分かるフロントフェイスです。

サイド

リフトアップされたボディに、クーペライクなキャビンが乗せられ、SUVの逞しさとクーペの流麗さを両立するスポーティなサイドビュー。

リア

ポルシェ・マカン・ベースグレードのリア

クーペのようにしっかりと傾斜したリアウィンドウに、横に長く薄いリアコンビランプ。滑らかな曲線で構成されたリアエンドが相まって、上質で力強いプレミアムSUVの世界観をしっかりと構築しています。

スポンサーリンク

内装

ポルシェ・マカン・ベースグレードの内装

しっとりとした高品質な樹脂に本革、鈍く輝くメタリックパーツが組み合わされ、スポーティな上質感をたっぷりと感じさせます。

ボタンやシフトなど、各部の操作感覚はウルトラスムーズ。特に、シュルル~と引き出されるシートベルトにはびっくりしてしまいました。

高からず低からず、適度な位置にシートがあるため、セダン以上に自然に乗り込むことができます。ボディの見切りも良く、一回り小さい車を運転しているようです。

スマートキーはプッシュスタート式でなく、キーシリンダーにユニットごと差し込んで回す、古典的なキーに近いシステムです。

シート

厚みのあるがっちりとしたシートで、しっかりと身体を支えます。体圧がキレイに分散されるため、長時間ドライブも苦になりません。

リアシートにも、たっぷりとしたサイズの快適なシートが装備されます。足元、頭上空間ともに充分なスペースがあります。

荷室

ポルシェ・マカン・ベースグレードの荷室
クーペライクなシルエットを持ちながらも、荷室にはたっぷりとした容量が確保されています。

静粛性

プレミアムSUVにふさわしい、高品質な静粛性能。静かなクラシックをゆっくりと鑑賞しながら、ゆったりとドライブを楽しむこともできます。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1984ccの直列4気筒DOHCターボエンジンに、7速AT(デュアルクラッチ)が組み合わされます。
エンジンは、252ps/–rpmの最高出力と、37.5kgf・m/1500-4500rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量–kg。JC08モード燃費は、–km/lとなります。

エンジン

2.0Lのツインカムターボエンジンで、4輪を駆動します。重量配分を最適化するため、エンジンはかなり後ろより、いわゆる「フロントミッドシップ」に搭載されます。低速からたっぷりと湧き上がるフラットなトルクのおかげで、必要充分以上のパワー感があります。街中でキビキビとした走りを楽しむだけなら、このベースグレードで充分です。

トランスミッション

このデュアルクラッチ・トランスミッション「PDK」は、ダイレクトかつウルトラスムーズなフィールで変速ショックをほとんど感じさせません。ステアリングコラムに装備された、パドルシフトを手コキで操作すれば、電光石火の早業でスパスパと高速シフトが可能です。同乗した整備士によると、マニュアルシフトの際は0.1~0.3秒で変速を終えているそうです。

「減速する時のシフトも気持ちいいですよ」と勧められましたが、コースの終盤で運悪く信号が赤に変わってしまい、減速のための充分な距離をとることができませんでした。

その時の話しでは、減速しながらシフトダウンを行うと、ブリッピングによるエンジン回転同調が入り、それが実に気持ちよくてクセになるという事でした。

足回りとハンドリング

前輪にダブルウィッシュボーン式サスペンション、後輪にはマルチリンク式サスペンションが装備されます。

足回り

高剛性ボディに、しっとりとしたスポーティなサスが組み合わされ、しなやかかつ引き締まった乗り味です。SUV独特の腰高感は皆無で、まるで上質なスポーツハッチバックに乗っているような錯覚を覚えます。

路面の目地段差を超えても不快な入力は一切ありません。全ての衝撃がしっとりとしたしなやかさに包まれています。

ハンドリング

大柄なSUVでありながら、大味なロール感は一切ありません。ハッチバックやセダンのように僅かなロールを伴って、自然にコーナを抜けていきます。

ステアリングセンターには程よい余裕があり、1ミリ動かしただけですぐにノーズが向きを変えるような過敏さはありません。

ステアリングスピード自体はスローな部類ですが、ドライバーの操作に対してリニアにノースが向きを変化させるため、車を操る楽しさを存分に味わうことができます。

営業マンの話しでは、ステアリングスピードを適度にスローにする事で、長時間ドライブでの疲れを低減する効果があるそうです。これは、全てのポルシェに共通する特徴だそうです。

ステアリング自体には適度な重さとしっとり感があり、スポーツカーと高級車の良いところを二重取りしたような贅沢なフィールです。

FFをベースとした4WDシステムですが、ポルシェらしい味わいを残すため、後輪寄りの駆動配分が施されています。それに伴ってタイヤサイズも後輪の方が太くなっています。

評価のまとめ

ポルシェらしいスポーティな外観と、SUVならではの逞しさ。たっぷりとした室内と荷室空間。適度に引き締まったスポーティな走り。全ての要素をバランス良く仕上げた贅沢な車です。

ポルシェといえば、スポーツカーでありながら高い実用性を持ち合わせている点も大きな特徴ですが、それはこのマカンでも例外ではありません。

またしっかりとした整備と定期的なパーツ交換を行っていれば、意外に故障が少ないというのも大きなメリットです。それは、スポーツカーとして高い負荷に耐えるように、設計されてるからです。トラブルの起きやすい事で有名な「デュアルクラッチ・トランスミッション」ですが、ポルシェの場合はそう大きなトラブルを耳にすることもありません。

そのため、「スポーティな車が好きだけど、今回は家族のためにユーティリティもある程度考慮したい」とか、「上質感のあるスポーティなSUVを探している」といった人にピッタリな一台となります。

価格

価格 | 6,850,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)