スバル WRX STI TYPE RA アメリカ市場限定500台で発売!ボディの軽量化とエンジンのパワーアップも【ニュース】


スバルは、アメリカ市場専用モデルとして、「SUBARU WRX STI RA」を500台限定で販売すると発表しました。

A lighter, more powerful WRX STI with some serious suspension mods, it will be limited to 500 cars only, with sales expected to be concentrated in the USA market.

引用:CAR Magazine website

発売時期や価格についての詳細な情報はまだありませんが、発表時期から逆算すると2018年初頭ごろの発売が濃厚です。

日本市場でも同じモデルが発売されるのか、または多少の変更が施された別のモデルとなるのかについても現段階では未定です。

スポンサーリンク

RAの由来

初代WRXの時から限定モデルとして度々発売され続けてきた「TYPE RA」ですが、発売される度に人気となり早い段階で完売するのが通例です。

名前の末尾に加えられる「RA(Record Attempt)」の文字は、日本語で「記録への挑戦」を意味します。具体的には2017年の夏。ドイツのニュルブルクリンク・サーキットで、現在アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオが保持する、市販4ドアサルーンのコースレコードを塗り替えることです。

スポンサーリンク

TYPE RAの内容

この特別なWRXは、カーボンルーフとカーボン製リアスポイラーが装備され、大幅な軽量化が図られています。加えて搭載される4気筒水平対向ターボエンジンにも手が加えられ、標準モデル以上のパワーが与えられます。

その他には、専用マフラーによる吸排気効率向上と迫力あるエキゾーストサウンドの実現。ブレンボ製ブレーキキャリパーによる強力でコントローラブルな制動力。

ビルシュタイン製倒立ダンパーと専用19インチBBSホイールによる、スタビリティの高いハードな足回りなどが施されます。

スポンサーリンク

TYPE RAの内外装

外装関係では、ドライカーボン製ルーフとリアスポイラーの他に、専用グリル&専用エアロ、RA専用バッジ、ブラック化されたドラミラーやシャークフィンアンテナなどが装備されスパルタンな印象を盛り上げています。

内装関係では、専用ステアリングにレカロ製バケットシート、シリアル入りメタルプレートなどが装備されます。

5月にニュルブルクリンクで行われた24時間レースのマシンとは違う

2017年の5月27日〜28日にかけて行われた、「第45回ADACニュルブルクリンク24時間レース」では、スバルSTIの「スバルWRX STI」が3連覇を目指して出場していました。しかし、当日はマシンの調子が思わしくなく、ゴールまであと数時間というところでエンジンから出火、レース途中のリタイヤにより3年連続の偉業は夢と消えてしまいました。

ただし、これはレース専用に開発されたSP3Tクラス専用マシンの事です。サーキットとベースとなる車輌が同じなので混乱してしまいますが、今回のニュースで語られているRAとは別物です。

今回のレースは残念な結果に終わりましたが、夏の「RA」によるタイムアタックを楽しみに今日はゆっくりと眠りたいと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)