食うに困って車上荒らしをした男【こぼれ話】


バールを持つ男

最近、「景気が除々によくなっている」というニュースをよく耳にします。といっても、我々庶民にとっては、なんだかピンとこない話ですね。

これは暴力団員も同じで、末端の団員は上納金を払うばかりで、決して楽な生活を送っている訳ではありません。中には普段は別の仕事をやりながら、二足のわらじを履いて暴力団に所属しているという人も多いです。

今回の【こぼれ話】は、こんな食うに困った組員が犯した車上荒らしのお話です。

スポンサーリンク

生活の苦しさから組み事務所を抜け出す男

1989年6月。

愛知県名古屋市で暴力団に所属していたO(35歳)は、あまりの生活の苦しさに嫌気が差し、組事務所の大型SUVを盗み出すと、一路、生まれ故郷の北九州市小倉へと逃走を開始します。

深夜午前3時。やっと小倉に到着したOですが、食うや食わずで下道を走り続けていたため、空腹と疲労でギリギリの状態です。といっても手持ちの資金はほとんどありません。また、生まれ故郷といっても、頼る親友や身内もありません。仕方なく、付近に停車してある金を持っていそうなクルマを物色し始めます。

スポンサーリンク

空腹に耐えかね、車上荒らしを計画

そこで目に入ったのが、高級マンションの前に停車してあった黒塗りの高級Lクラスセダンです。「おっ、これは金回りが良さそうだぞ!」と色めきたつO。

そそくさと、ポケットに忍ばせていたペンライトとドライバーを取り出し、高級セダンの鍵を壊し始めます。高級セダンといっても、普通、車内に金目のものは放置してありません。そのため、プロの車上荒らしは、ナビやオーディオなど換金しやすい物を狙うのですが、Oは今すぐ金になる物が車内に無かったのでガッカリしてしまいました。

そこへ急にポツポツと降り出す雨。「こんなクタクタの状態で、さらに雨に濡れたのではたまらんっ!」と、仕方なく車内に放置してあった傘だけを拝借する事にしました。

スポンサーリンク

もの影から現れる二人の男

その後、車から降りると傘を差してフラフラと歩き出すO。「他に高級車は無いかな~?」とキョロキョロと辺りを伺っていると、急に物陰から2人の男が現れ、あっという間に取り押さえられてしまいました。

いくら腕に覚えのある暴力団員の男といえども、空腹でフラフラの状態で、しかも二人の男に取り押さえられれば為す術はありません。

この二人の男性は、その高級マンションに住むSさんとNさん。普段からこの駐車場で、何度も車上荒らしに遭い、「今日こそなんとかしてやる!」と、夕方から寝ずの番で駐車場を見張っていたのです。

初めてやった車上荒らしで、しかも偶然見張られている場所に出くわすなんて、とてつもなく間の悪い男です。

この後、警察に逮捕されましたが、それよりも怖いのが出所後の組事務所の「お仕置き」です。「見た目のカッコよさだけで仕事を選んではいけない」という良い見本ですね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。