初代 ダイハツ ブーン 1.0CL(2004年)【旧型レポート】シンプルな道具感が好ましい [DBA-M300S]

スポンサーリンク


今回の旧型レポートは「初代 ダイハツ ブーン 1.0CL(2004年)」。
2004年に登場したコンパクトな5ドアハッチバックです。

トヨタが主導して立案した企画・コンセプトを元に、ダイハツが設計、生産までを手がけます。

ダイハツ手持ちの軽自動車コンポーネントを流用して作られますが、トヨタの「GOAボディ」など、トヨタからの技術移転も積極的に行われていました。

また、トヨタ系列の販売店で取り扱う場合は、「トヨタ・パッソ」の名称が使われます。

スポンサーリンク

外観

全長1830mmX全幅1400mmX全高1275mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2440mmとなります。

ダイハツの軽自動車コンポーネントをそのままストレッチして設計されていることもあり、限られたスペースを有効に活用する軽自動車のようなスタイリングです。

フロント

簡素な面構成のボンネットに、縦型のヘッドライトが装備されます。味わいのようなものはほとんど感じられませんが、シンプルで実用的なスタイリングです。

サイド

コンパクトカーとしては長めのホイールベースが確保されており、タイヤはボディの四隅ギリギリまで追いやられています。軽自動車と良く似たディメンジョンを持つサイドビューですが、面構成にいくらか余裕があるため、多少なりとも上質感のようなものが感じられます。

リア

四角いリアエンドに縦長の薄いリアコンビランプが装備されます。ワイドに広がるリアバンパーが装備され、ずっしりとした重厚感のあるリアビューです。

スポンサーリンク

内装

リア、サイドウィンドウともに垂直に切り立っているおかげで、コンパクトなボディながら室内には意外な余裕があります。

軽自動車から発展させた車ですので、室内の質感はヴィッツよりも僅かに劣ります。軽自動車以上、コンパクトカー未満といったところです。

メーターナセルには大型の1眼メーターが、どん!と鎮座しています。視認性、使い勝手ともに優れたデザインです。

シート

体圧が集中しがちなシート構造ですが、中距離(30km)程度の移動であれば問題ありません。

リアシートの居住空間には、大人がなんとか座れるスペースが確保されています。角型のボディ形状のおかげで、頭上空間に圧迫感はありません。

荷室

切り立ったリアウィンドウのおかげで、荷室は上級のヴィッツよりも広々としています。縦方向にたっぷりとした余裕があるため、積み方を工夫すればかなりの荷物を積むことができます。

静粛性

ロードノイズ、風切音ともに進入を許します。アクセルを踏み込むと、ガーガーとエンジンノイズが増しますが、気になるほどではりません。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

996ccの直列3気筒DOHCエンジンに、4速ATが組み合わされます。
エンジンは、71ps/6000rpmの最高出力と、9.6kgf・m/3600rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量900kg。10モード/10・15モード燃費は、21.0km/lとなります。

エンジン

1.0Lの3気筒エンジンで前輪を駆動します。この新開発された3気筒エンジンは、ダイハツが長年使い続けている古い3気筒エンジンの技術が存分に生かされています。

トヨタはこの3気筒エンジンの経済性に大きく注目しており、今後登場するヴィッツなど、トヨタの主力コンパクトカーに続々と搭載されることになります。

低速からフラットなトルクを発生する扱いやすいエンジンです。街中であればパワー不足を感じることもありません。

3気筒独特の荒々しいフィールはありますが、それが意外にスポーティな味わいを感じさせます。

トランスミッション

適度な変速ショックのあるスムーズなトランスミッション。限られたエンジンパワーを余すところなく活用して走ります。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

足回り

柔らかな足回りに、柔軟性の高い細身のタイヤが組み合わされ、コンパクトカーとしては上質で快適な乗り心地を実現しています。コンパクトカーの割にホイールベースが長くとられており、まずまずの直進安定性を持ちます。

ハンドリング

ハンドリングが軽く小回り性能が高いため、街中では抜群の扱いやすさを発揮します。ゆったりとした素直なステアリングフィールですが、運転を楽しみたい人には向きません。

評価のまとめ

軽自動車以上、ヴィッツ未満といった絶妙なポジション。価格も手頃で、軽自動車では物足りないが、ヴィッツほどのしっかり感は不要と考えているユーザーにピッタリとはまる車です。

スタイリングや内装にも「安い車なんだから無駄な飾りはいらない!」といった、気持ちの良い割り切りが感じられ、シンプルで好ましいイメージを作り出しています。

価格

新車当時の価格 | 1,029,000円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)