安易な「ローダウン」は、百害あって一利なし!【コラム】


アキュラのローダウン

自分の車の車高を下げてスポーティな外観にする「ローダウン」というカスタマイズが人気です。

このローダウンの元々の起源は、サーキットを走るレーシングカーです。レーシングカーは、サーキットという限定された空間の中で少しでも速く走るため、車高を大きく落としたローダウンというセッティングが施されています。

このレーシングカーの活躍に憧れた若者たちが、自分の車に同じようなカスタマイズを施し、徐々に一般的なユーザーへと広がっていったのです。

スポンサーリンク

ローダウンには、市街地に合わしたセッティングが必要

確かに車高を落としてやれば、コーナーを曲がる時の安定性が増し、速く走る事ができるようになります。高速域での安定性も増します。

しかし、このローダウンはあくまでもサーキットの環境に合わせた極端なセッティングです。このまま市街地を走る普通の車に同じローダウンを施すと、車体の下を擦ったり、乗り心地が極端に悪化したり、限界を超えた時に突然コーナーでグリップを失ってスピンするといった事も考えられます。

だからといって、闇雲にローダウンをするなと言っている訳ではありません。市街地を走る車にはレーシングカーと違った適切なローダウンのバランスがあるという事が言いたいのです。

バランスの崩れたローダウンを行うと、危険なばかりか、まったく速く無いといった悲しい結果を招くことになりますす。

スポンサーリンク

バランスの取れたローダウンを行うには

バランスのとれたローダウンを行うには、知識の豊富なカスタマイズショップに相談するか、メーカー直系のディーラーに車を持ち込むしかありません。

知識の乏しいショップでカスタマイズすると、見た目だけの危険なカスタマイズカーが出来上がります。有料なカスタムショップを見分けるのは難しいのですが、ドレスアップだけのカスタムショップより、レーシングカーのカスタマイズも行っているようなショップの方が知識が豊富な事が多いです。

後は、ショップに直接赴いて、実際にスタッフに色々と質問してみてください。この時、なにかと高価なパーツを売り込んでくるようなスタッフは避けたほうが無難です。利幅の大きいパーツよりも、お客のニーズと車に合った手頃なパーツを勧めてくれるスタッフなら間違いありません。

最近は、ディーラーが専用の「純正車高調」や「純正ローダウンキット」を販売していることもあります。このような純正パーツを使えば、ローダウンした後のバランスを気にする事もありませんし、カスタマイズ後の保証の心配もいりません。パーツに詳しい知識はないけど、手軽にローダウンを楽しみたいといった人にオススメのカスタマイズ方法です。

スポンサーリンク

乗り心地を悪化させにくいローダウンの方法

このローダウンのやり方には大きく分けて2つの方法があります。ひとつはノーマルスプリングより高さの低い「ローダウン専用スプリング」を使った方法と、もうひとつは車高を調整する機能を持った「車高調整キット」、通称「車高調」を使ったローダウン方法です。

スプリングだけを短くする「ローダウンスプリング」は組み合わせるダンパーの能力が足りないと、乗り心地を悪化させることがあります。これに対して「車高調整キット」はローダウン専用の短いダンパーが始めから装備されるため、ある程度の乗り心地を保ったままでローダウンする事ができます。また、カスタマイズした後からでも自由に車高を変更する事ができるのも「車高調」の大きな特徴です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。