アルミホイールを交換して、車の雰囲気を変えてみよう!【DIY】


AMGのホイール

アルミホイールには、買う人の好みに合わせて色々なタイプのホイールが発売されています。

ちょっと車の雰囲気を変えてみたいといった場合や、乗り心地を少しスポーティにしてみたいといった場合に手軽に選んで交換する事ができます。

ただし、交換には専門的な知識や技術が必要ですから、必ず専門ショップやディーラーで交換してください。

スポンサーリンク

アルミホイールのデザイン

アルミホイールの種類には大きく分けて4つのタイプがあります。

一番メジャーなタイプは数本の支柱によって構成された、スポーティな「スポークタイプ」です。シンプルな形状のため、隙間が少なく、掃除がやりやすいといったメリットもあります。

「BBS」など一流ホイールメーカーによって有名になったのが、ワイヤーを網状に組み合わせた「メッシュタイプ」です。このタイプのホイールは高級感を感じさせるため、プレミアムカーなど上質感を演出したいユーザーに好まれます。

「スポークタイプ」の支柱を細くして数を増やしたものを「フィンタイプ」と呼びます。ダイナミックな印象の「スポークタイプ」に対して、繊細で緻密な印象を感じさせます。

最後は面積の多い皿状のホイールに小さな通気口が開けられた「デュッシュタイプ」です。このホイールは流行り廃りの影響が大きく、主にVIPカーのカスタムパーツとして人気があります。

スポンサーリンク

製造方法による分類

この他に製造方法によっても、「鋳造ホイール」と「鍛造ホイール」に二分されます。

鋳造ホイールは、溶けたアルミを鋳型に流し込んで成型しますが、鍛造ホイールは高温に熱したアルミを高圧で圧縮成形するため、軽量で高剛性の高性能ホイールを作ることができます。

また、ホイールの組み立て行程によってもいくつかの種類があり、ワンピース、ツーピース、スリーピースと分類されます。

ワンピースとは一体成型の事で、鋳型に流し込んで作る鋳造ホイール全般がこれにあたります。

鍛造では、それぞれホイールを分割して製造しますので、軽量、高剛性とすることができます。このパーツの数によって、ツーピース、スリーピースなどと呼ばれます。

スポンサーリンク

乗り心地と操作性のバランスは純正ホイールが一番

純正ホイールは、メーカーがその車に一番合うように設計しますので、乗り心地や走りのバランスを考えるなら純正ホイールが一番です。

しかし、人にはそれぞれ好みがあります。もうちょっとスポーティにしたいとか、多少乗り心地が悪くなったもホイールをインチアップしてカッコよくしたいといった場合には、ホイール交換やインチアップがオススメです。

ただし、ホイールを交換すると想像以上に乗り心地や操作性が変化します。交換の際には、十分な知識と技術のあるメカニックやショップスタッフに相談してから交換するようにしてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。