運転中のイライラを抑えるには?【運転のコツ】


ベンツを運転

車を運転していると、ノロノロした車が前を走っていたり、急に無理な割り込みをされたり、乱暴な車に後ろから煽られたりといった事が起こり、結構な頻度でイライラとしながら運転をすることになります。

しかし、こんな状況で運転をしていると、冷静な判断ができなくなったり、自分が危険な運転をしてしまったりとろくな事がありません。

そこで今回は、こんな運転中のイライラを効果的に沈めるための小技をご紹介します。

スポンサーリンク

相手を一段下に見る

強引な割り込みをされたり、後ろの車に煽られてイライラした時には、相手をまともな人間と思うのは止めて、動物とか虫と考え自分より一段下に見るようにします。

まあ、普段品行方正な生活を営んでいる真面目な方にはちょっと違和感のある方法かもしれませんが、こういう想像をすることである程度、相手の乱暴な行動が気にならなくなるのも事実です。

スポンサーリンク

楽しかった事を思い出す

それでも怒りの収まらない時には、今までの楽しかった事や、自分の好きな物や人の事を考えてみます。

昨日の野球中継でも良いですし、趣味の釣りや自分の子供や恋人、日曜日に予定している楽しい遊びでも構いません。

こんな時の為に、とっておきの音楽を用意しておくのも効果的です。

スポンサーリンク

一度自動車から降りてみる

時間があれば、コンビニやサービスエリアに停車して、甘いコーヒーやお菓子で一服するのもイライラ解消につながります。

しばらくうろうろ歩き回って軽く体操をしたり、トイレに行って用をたしたり、車を降りることで大きく気分を変えることができるのです。

イライラの原因を分析してみる

それでもイライラが解消出来ない時には、自分がなぜイライラしているのか分析してみてください。

朝、出掛けに家族と喧嘩をしたのが原因か、乱暴な車に煽られたせいでイライラしているのか、冷静に分析することで意外としょうもない事でイラツイている事に気づくはずです。

人間は優れた記憶力を持っているため、過去に起きた事を思い出して、まさに今、同じことを体験しているように感じてしてしまうという特性があります。わざわざ自分で嫌な記憶を何度も再生して追体験するなんて、冷静に考えればアホらしいとしか言いようがありませんね。

そのため、イライラしている原因が過去に過ぎ去った事を原因としていると分かれば、後はあまり考えないようにします。頭に浮かんでくるのは仕方ありませんので、浮かんで来る度に小まめに考えを止めてください。こうすることで、徐々にですが確実にイライラは解消されていきます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)