次のタイヤはどこで買う?上手なタイヤショップの選び方【点検とメンテナンス】


スポーツカーのタイヤ

タイヤは自動車のパーツの中でも比較的高価なパーツです。SUVや大きなホイールを履いている高級車の場合、4輪で10万円以上になることも珍しくありません。

そのため、タイヤを選ぶ際にはどうしても慎重にならざるおえません。ここで問題になるのが、タイヤはドライバーの好みと同時に自動車との相性もあるため、一度自分の車に装着してみないと正確な評価が下せないという点です。

しかし、何年に一度替えるか替えないかというタイヤの場合は、気になるタイヤを全部試してみるという訳にもいきません。こうなると、「タイヤを販売しているお店の店員に相談する」という事が重要なウェイトを占めることになります。

つまり、タイヤを賢く選ぶには、まず最初に自分に合ったタイヤショップを選ぶ事が必要になるのです。

スポンサーリンク

タイヤにある程度の知識がある人の場合

タイヤにある程度の知識があって、とにかく出来るだけ安く買いたいという人は、激安タイヤショップやネット通販をおすすめします。

こういったお店では詳しく商品の説明を受けることはできません。しかし商品を自分で決める力があれば、あとは値段を比べてできるだけ安いお店を探すだけです。

ただし、ネットショップで購入する際は、車にタイヤを組み付けてくれる整備工場をあらかじめ自分で探しておく必要があります。当然ながら、予算を考える時にはタイヤの値段に加えて、送料や工賃を別に用意しておかなければなりません。

スポンサーリンク

全部おまかせでやってもらいたいという人には

タイヤの説明を一々聞いたり、調べたりするのがめんどくさいという人には、ディーラーでのタイヤ交換がオススメです。「車に合ったタイヤに替えておいて」と一言頼むだけで最適なタイヤに交換してくれます。

ただしディーラーの場合はタイヤの価格、工賃ともに他のショップと比べて割高となる場合が多いです。たまにディーラーで行われる「タイヤキャンペーン」などを利用すれば比較的安く買うことができます。

スポンサーリンク

好みのメーカーが決まっているという人には

すでに欲しいタイヤのメーカーが決まっている場合は、タイヤ館などタイヤメーカー直営のタイヤショップがおすすめです。

こういったタイヤメーカー直営のタイヤショップでは、自社が製造したタイヤしか扱っていません。そのためこういったショップの店員は、他のショップでは考えられないほどの豊富な知識を持っています。

自分の車を持ち込んで「もうちょっとスポーティに」とか、「乗り心地を良くしたい」と伝えるだけで、車に合った適切なタイヤを紹介してくれます。

タイヤに拘りが無く、なるべく安くそこそこの性能のタイヤが欲しいという人には

タイヤにあまり拘りが無く、とりあえず手頃な値段で平均的な性能があればそれで良いという人には、オートバックスやイエローハット等のカー用品店をおすすめします。

店員によって知識に大きなばらつきがありますが、買う前にいくつか質問をすることで、ある程度商品知識の豊富さを確認することができます。

タイヤショップでの心構え

自分でタイヤを決める事ができないといった人の場合は、ショップで出来るだけ具体的に自分の要望を伝えることが大切です。「スポーティに走りたい」とか、「もっと静かに」とか「乗り心地を良くしたい」といった具合です。

また、タイヤショップを選ぶ時には最初に入ったお店で即決せず、できるだけ色々なお店を回って多くの店員に説明を聞いてください。その中で商品知識が深く丁寧な人を選べば、失敗の可能性を限りなく低くする事ができます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。