スポーツドライビングを学んで安全運転に活かそう!【運転のコツ】


レーシングカー

このコーナーでは、一般道を安全に走るためのテクニックを紹介していますので、サーキットを速く走るためのテクニックについては触れていません。

しかし、車を安全に走らせるためには、普段の運転では体験できない極限状態での自動車のコントロールテクニックも必要になります。

この極限状態での運転テクニックを効率よく学ぶには、スポーツドライビング・スクールが最適です。そのなかでも、安全運転を学ぶためにはスポーツドライビングの入門コースや初級コースがオススメです。

スポンサーリンク

スポーツドライビング・スクールで学べるのは、レーシングテクニックだけではない

スポーツドライビングと聞くと、派手なヒール・アンド・トゥやドリフト走行の事を想像するかもしれませんが、スポーツドライビング・スクールで教えてくれるのはそれだけではありません。

普段の安全運転にも活かすことのできるフルブレーキングや、カウンターステア、滑りやすい路面での車の挙動など幅広く学ぶことが出来るのです。

こういったスポーツドライビング技術は、車が極限状態に陥った時、あなたと同乗者の生死を左右する大切なテクニックとなります。

スポーツドライビング・スクールの入門コースは、全国のサーキットで、メーカーやクラブの主催によって行われています。

自分の好きなメーカーや、今乗っている愛車のメーカーに問い合わせるか、地元のクラブのホームページを除いてみてください。サーキットのホームページにも情報が掲載されています。

スポンサーリンク

フルブレーキングの体験

スポーツドライビングテクニックの中でも、一番普段の運転に活かすことのできる重要なテクニックは「フルブレーキング」でしょう。

目の前に何かが飛び出してきた時、奥までブレーキを踏み込める人はあまりいません。このフルブレーキングができなければ、いくらABSが付いていてもあまり意味がありません。フルブレーキングが出来ればABSを効かせながら最短距離で停止することができますが、弱い踏み込みではダラダラと長い制動距離が必要となりますので、飛び出してきた障害物と接触する可能性が高くなります。

しかし、このフルブレーキングをスクールでしっかりと体験する事で、咄嗟の時にもしっかりと奥までブレーキを踏み込む事が出来るようになります。

スポンサーリンク

滑りやすい路面の体験

その他には、カウンターステアや、滑りやすい路面でのドライビング体験も重要です。

圧雪路や凍結路でタイヤがグリップを失った時、カウンターステアを当てる事ができれば、車の向きを修正して安全に回避する可能性が大きく高まります。

予め滑りやすい路面における車の挙動を体験すれば、実際に凍結路を走る時、冷静で確実な操作を自信を持って行えるようになります。

このような極限状態での運転は一生のうちにそう何度も体験するものではありません。しかし、その状況に陥ってから慌てても遅いのです。ドライビングスクールでの体験は、そんな将来のあなたの命を守る事になるかもしれません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)