長距離運転で疲労を溜めないための工夫【運転のコツ】


運転する人

長距離をドライブしていると、どうしても体に疲労が蓄積されていきます。

しかし、いくつかのポイントに注意しながら運転するだけで、随分と疲労度合いを下げることができます。できれば1時間に1度くらいの休憩をいれて欲しいのすが、急いでいる場合はそうもいきません。

そこで今回は、「長い距離をこれから運転する予定がある」という人のために、なるべく「長距離運転で疲労を溜めないための工夫」をいくつか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

目線はなるべく遠くを見る

ドライブ中、目線はなるべく遠くを見るようにしてください。近くを見ていると、視線があちこち動くことになり、それによって大きく疲れてしまう事になります。特に高速道路では、近くの物が猛スピードで後ろに過ぎていきますので、目の疲れもそれだけ大きくなります。

これは安全運転上も重要なポイントで、遠くを見ることで視界を広く保ち、全体を見渡すことができるようになります。

スポンサーリンク

シートポジションを適正に

2つ目のポイントは、適正なポジションでシートに座ることです。そのためにはシートを適正な位置に調整して、シートバックを立て気味にし、お尻をしっかりとシートの億までいれてください。シートを倒しただらっとした姿勢で運転したほうが、疲れないような気がしますがこれは間違いです。

シートを倒す事で首に衝撃が加わりやすくなったり、周りが見渡しにくくなったり、また、ハンドルやペダルの操作もやりにくくなるため、結果的に疲労度が高まる事になります。

言うまでもありませんが、操作がやりにくいという事は、安全な運転を阻害することにもつながります。

スポンサーリンク

周りの流れに合わせて、キビキビと運転する

3つ目のポイントは、周りの流れに合わせてキビキビと走るということです。

自分のペースでのんびり走りたいという人もいるでしょうが、これでは周りと自分のリズムに不均衡が生じ、かえって流れを阻害する事になります。

流れが合っていない状況では、急ブレーキ、急ハンドルなどの突発的な操作を頻繁にする事になりますから、かえって疲れを溜めることになります。

運転中は無闇に怒らない

最後は運転中は無暗に怒らないという事です。車に乗ると人格が変わって突然乱暴になる人がいますが、怒りは人間を一番疲れさせる感情です。

また、怒っている状態で運転していると、冷静な判断が出来ず、事故の原因を作り出すこともあります。

しかしこの怒りという感情は、ある程度練習を繰り返す事で、徐々にコントロールできるようになる感情でもあります。

始めはムカムカする事もあるでしょうが、しばらく「こんな事で怒っても損なだけ」とか、「あんな乱暴な運転するやつは、きっとどこかでしっぺ返しをくらうはず」と考えることで、徐々に怒りを抑制できるようになってきます。

この怒りのコントロールは、運転だけではなく、仕事や家庭で幅広く応用できる技術ですので、ぜひ今日から少しずつ練習を始めてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)