快適にサングラスを使うためのポイント3つ【運転のコツ】


サングラスと帽子

日差しの強い夏の日はもとより、冬であっても朝夕の太陽の低い時間帯には、直射日光が目に入るためサングラスが欠かせません。

そこで今回は、快適なドライビングのためにどういうサングラスを選べばいいのか、また併せて快適なサングラスの使い方についても解説したいと思います。

スポンサーリンク

ドライビング用には「偏光サングラス」がオススメ

通常のサングラスは強い太陽光や紫外線を防ぐために装着されますが、ドライビング用のサングラスはダッシュボードに反射する光や、ウィンドウに乱反射する光を抑えて視界をクリアに保つ働きも担います。

そのため、レンズには「偏光レンズ」が装備されたサングラスがオススメです。ホームセンターを覗けば安価な偏光サングラスも売られていますが、こういったサングラスは機能もそれなりです。しっかりした機能のサングラスを求めるのなら、ある程度価格が高い高機能のサングラスを購入してください。

スポンサーリンク

天気に合わせてレンズも変更する

サングラスのレンズには天候に合わせていくつかの種類があります。

晴天の日は、光を遮る能力の高いグラウンや濃いグレーのアンダー系、雨や曇りの日は光の透過率の高いイエロー系を使います。

この2つのレンズをシーンに合わせて使い分けるのですが、ドライブ中にいちいち付けたり外したりしていてはちょっと不便ですし、2つのサングラスを購入するのは少し不経済でもあります。そこで最近では、簡単にこの2つのレンズを交換することのできる「クリップオン式」のサングラスや、ワンタッチでレンズを跳ね上げる事のできる「マグネット式」のサングラスも販売されています。

スポンサーリンク

トンネルの多い高速道路ではストラップを装着する

サングラスは強い光を遮るために装着するものですから、トンネルの中では外すのが常識です。またトンネルに入る前にサングラスを外すことで、光の強い場所から暗いトンネルの中に入る時に起こる、「瞳孔が閉じすぎて辺りが見えにくくなる」といった現象を防ぐこともできます。

ただし、トンネルの多い中国自動車道のような高速道では、トンネルに入る度にサングラスを外したり付けたりする必要があり、不便な上に危険を招くことも考えられます。

こういった時にオススメの方法としては、サングラスのつるにストラップやチェーンを装着しておき、サングラスを外した時には首から提げるようにしておく事です。これなら、トンネルの度にサングラスをゴソゴソ探す必要もありませんので、運転に集中できて安全です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)