LLC(ロングライフクーラント)など、冷却系のチェック【点検とメンテナンス】


エンジンの冷却にはLLC(ロングライフクーラント)といわれる、不凍液と防錆剤が混ぜ合わされた冷却水が使われています。

このLLCのチェックには、わざわざラジエター本体のキャップを外す必要はなく、ラジエター近くに設置されているリザーバータンクをチェックするだけで済みます。

リザーバータンクには「L」から「H」の目盛りが刻印されており、赤とか緑で着色されたLLCの液面が、この目盛りの範囲内にあれば正常値となります。

スポンサーリンク

LLCが不足している時、冷却系にトラブルの可能性

LLCの量が不足している場合は、冷却系になんらかのトラブルが発生している可能性があります。

現在のラジエターは、ラジエター本体とリザーバータンクの間で、必要となったLLCの量を互いにやり取りしながら調整する仕組みとなっています。

そのため、このLLCが極端に不足しているという事は、ラジエター内が高温になりすぎ水分がどんどん蒸発しているとか、ラジエターキャップの機能が損なわれ、ラジエター本体とリザーバータンクの間でLLCのやり取りが上手く行われていない可能性があります。

こういう場合は、安易に水道水を足したりせず、すぐに整備工場に持ち込んで点検してもらうのが一番です。

スポンサーリンク

水道水の補給は緊急時に限る

以前この「DIY」のコーナーでは、自分でLLCを交換する方法を紹介していますが、これは不凍液と防塵剤を混合したLLCの交換方法です。

【DIY】エンジン冷却水とロングライフ クーラント液の交換(点検とメンテナンス)

これに対して安易に水道水を補給してしまうと、LLC濃度を薄めることになって不凍液としての能力を損なったり、エンジン内部にサビを発生させることになります。

また、リザーバータンク内には水垢を発生させることになり、スムーズなLLCの潤滑を阻害することにもなりかねません。

スポンサーリンク

LLCは、2~3年に一度必ず交換する

そもそもラジエターに使われているLLCは、2~3年に一度交換するように設計されています。それ以上の年月に渡って使用を続けている場合や、ラジエターが上手く働かずエンジンがオーバーヒートを起こしてしまった場合は、自分で水道水を足すようなことはせず、すぐに整備工場に持ち込んで点検とLLCの交換を行ってください。万が一、緊急避難的に水道水を補充した場合も同様です。

LLCはディーラーで交換しても、5000円くらいで済みます。エンジンが駄目になる事を思えば、それくらいの出費はどうという事はありません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。