ウィンドウをキレイにするための小技5選【DIY】


ウィンドウをキレイに保つことは見栄えの面からだけではなく、安全面でも重要なポイントです。

そこで今回は、ウィンドウをキレイにするための小技をいくつかご紹介したいと思います。

ウィンドウをキレイにする小技
スポンサーリンク

ウォッシャー液は水道水でも良い

普段からしっかりとウィンドウをきれいに保っている車の場合、ウォッシャータンクにわざわざ専用のウォッシャー液を充填する必要はありません。普通のきれいな水道水で十分です。

ただし、ちょっとずぼらでウィンドウが汚れ気味になるという人の場合は、専用のウォッシャー液の方が無難です。

また、出先で急にウォッシャー液が無くなったという場合も、水道水を補充するだけで十分です。わざわざガソリンスタンドでウォッシャー液を買う必要はありません。

スポンサーリンク

ウォッシャー液は小まめに補充する

ウォッシャー液が少なくなってくると、水分が蒸発して洗剤成分が固着化しやすくなります。こうなると、ウィンドウが汚れるばかりではなく、ウォッシャーノズルが詰まって故障の原因となりかねません。

そのため、ウォッシャー液は少し余裕をもって補充するようにしてください。

スポンサーリンク

ウォッシャータンクをたまには洗う

長年車を使っていると、ウォッシャータンク内に洗剤成分や水垢がたまり汚れが蓄積されています。

よごれはウォッシャータンクやノズルを詰まらせる原因となるばかりではなく、かえってウィンドウを汚すこともあります。

タンクが取り外せるタイプであれば、たまにはキレイに洗浄しておいてください。外れないタイプであっても、水道水を勢い良く注ぐだけで随分と汚れを落とすことができます。ただし、この時は、エンジンルーム内の電装品に水分が掛からないように注意してください。

ワイパーブレードの洗浄も忘れずに

車をキレイに洗車しても、ワイパーブレードに汚れや油が残っていれば意味がありません。雨の日にワイパーを動かすだけであっという間に油膜だらけとなるからです。

スポンジでボディにシャンプーを掛け終わったら、残ったシャンプーをスポンジに含ませ、ワイパーブレードのブレード部分もしっかりと洗っておきます。

この時、強くスポンジを押し付けすぎるとワイパーが壊れてしまいます。片手でワイパーを軽く持ちながら、反対の手でスポンジをワイパーブレードに当てて優しく洗ってください。

ウィンドウ撥水剤には小まめなメンテナンスが必要

水を一気に吹き飛ばしてくれる撥水剤はとても便利なグッズです。ただし、撥水剤を施工する前に、しっかりとウィンドウの油膜を落としておかなげれば意味がありません。

また撥水剤を施工した後も油膜がウィンドウに付かないよう、常に細やかなメンテナンスが必要になります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)