スズキ・ジムニーをベースにカスタマイズした、インドネシアのクラシックカー【こぼれ話】


1990年台、インドネシア実業家マルヴィ・アバンティ氏は、日本車をベースにしたカスタマイズカーでビジネスを成功させ、一躍時の人となっていました。

マルヴィ氏は、アメリカのキットカー製作工房で働いていた経験を元に、自分の得意分野であるプラスチック加工技術を加え、カスタマイズカー製作のノウハウを独自開発しています。

カスタマイズカーの種類は全部で10種、年間600台を売り上げる規模の店舗と工場を抱えています。

インドネシアのクラシックカーの画像

※画像はイメージです。

スポンサーリンク

個性的で楽しいクルマばかり

このマルヴィ氏のカスタマイズカーは、当時高い人気を集めどれも個性的で楽しい車ばかりでした。

例えば、20年代のアメリカを彷彿とさせるクラシックセダン。プラスチック製とは思えない美しい仕上がりをみせますが、ボディにはフォードやシボレーのエンブレムはなく、大きく「SUZUKI」のロゴが輝きます。ベース車両としてスズキ・ジムニーが使われているからです。

せっかくここまで完璧に仕上げているのに、なんで「SUZUKI」のロゴを残しているのかと不思議になりますが、インドネシアでは日本と違い「SUZUKI」も高級ブランドの一つとして認識されているのです。

その横には妙に幅の広いステーションワゴンが置いてあります。中を覗くと驚くべきことにシートが横に5つ並べられ、前後で10人が座れる設計となっています。

奥にあるクラシックオープンカーは、レトロな趣のある美しいスタイリングが与えられていますが、ベース車両は同じくスズキ・ジムニーという事です。

なぜこんなに「スズキ・ジムニー」ばかりが使われているのかと不思議になりますね。しかしそれには大きな理由があります。

スポンサーリンク

ジムニーばかりがなぜカスタマイズされる?

当時のインドネシアでは、日本から普通車を輸入すれば大きな関税が掛けられていました。しかし、商売や運送業務に使う商用車やトラックの場合は別で、「関税を掛けすぎると国内の景気に悪い影響を与える」という理由から関税が安く抑えられていたのです。

そのため、このカスタム工場でもコストを安く抑えることのできる、商用車やトラックが頻繁に使われていたというわけです。

安いと行っても輸入してさらにカスタマイズを施すわけですから、当時のインドネシア庶民にとっては随分と高額な160万から240万という価格です。

そのため自家用車として買う人はほとんどおらず、もっぱらホテルやアミューズメント施設の送迎用として販売されていたそうです。

スポンサーリンク

現在のインドネシアでは庶民にもコンパクトカーが普及しつつある

現在のインドネシアでは長年の産業振興政策が実を結び、庶民の足もスクーターやバイクから徐々にコンパクトカーへと移行しつつあります。

加えて、インドネシア政府の推し進める「LCGC(Low Cost Green Car)政策」により、燃費の優れた日本車は税制上の優遇が受けられます。

インドネシアで販売される「スズキ・ワゴンR」は日本仕様の660ccエンジンから、1.0L直列3気筒のパワフルなエンジンに拡大され、最高出力68馬力6200rpmに加えて最大トルク90Nm/3500rpmを発揮します。

庶民にとって高値の華であった「SUZUKI」ブランドが、除々に庶民の手の届く存在となりつつあるのです。しかも当時輸入されていた軽自動車とは違い、主流はパワフルなコンパクトカーへとグレードアップしています。

2015年にはインドネシアのジャカルタに工場も新設され、年25万台の生産能力が与えられています。この工場で作られたスズキ車は、インドネシア国内の需要を満たすためだけではなく、周辺国への輸出用としても生産されています。

20年前、マルヴィ氏がコツコツと手作りしていたカスタマイズカー工場から比べると、随分と大きく成長したものです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。