ユニークなシートレイアウトの車【こぼれ話】


普通、車のシートレイアウトと聞くと、2人乗りなら「横に2つシートが並んだもの」とか、5人乗りなら「前に2つシートが並んで、後ろに3人座れるベンチシートが装備されたもの」と考えます。

また、最近ではミニバンタイプの6人乗りや、7人乗りといった多人数乗りのタイプの車が人気ですが、これも、普通のリアシートの後ろにさらにもうひとつ、横に2人座れるようにサードシートがレイアウトされているだけです。

ただ、このような常識的なシートレイアウトだけではなく、世の中には「あっ」と驚くようなユニークなシートレイアウトを取り入れている車もあります。

スポンサーリンク

目次

  • ドイツの「メッサーシュミット」のシートは、まるで戦闘機
  • ホンダ「Edix」はユニークなV型シート
  • トヨタ「iQ」は3+1
  • 3人乗りの初代「フェアレディ」
スポンサーリンク

ドイツの「メッサーシュミット」のシートは、まるで戦闘機

例えば、ドイツのメッサーシュミット「KR175(1953年)」ですが、この車は2人乗りといっても横に2人が並んで座るのではなく、飛行機のように縦に2人が並んで座るという特殊なシートレイアウトがとられていました。

このメッサーシュミットという会社、実は、元々は飛行機を作る会社だったのですが、その出自を聞けばこの奇妙なシートレイアウトも納得がいきますね。

スポンサーリンク

ホンダ「Edix」はユニークなV型シート

また、ホンダの「Edix」という車は、6人乗りのコンパクトカーとミニバンの間のような奇妙な形をした車ですが、そのユニークなポイントはスタイルではなく、シートレイアウトにあります。

前に3人、後ろに3人という特殊なシートレイアウトを取りますが、ただ3人が横に並んで長いベンチシートに座るのではなく、それぞれのシートが完全に独立しており、中央のシートだけが座席半分ほど後退した状態でレイアウトされています。

これにより、隣のシートはギリギリのところに設置されているにも関わらず、「感覚的にはゆったりと座れる」という効果があります。

トヨタ「iQ」は3+1

その他にはトヨタの「iQ」という車も、ユニークなシートレイアウトを持つ車の一つです。トヨタ「iQ」は全長3Mという小さなボディながら、なんと大人3人と、子供1人を乗車させる事ができます。

そのからくりは、まず助手席を座席半分ほど前方にずらし、そのスペースを使ってリアシートに大人の座れるスペースを確保します。次に、運転席はステアリングコラム等があるため通常のポジションとなりますが、わずかに残された運転席後ろのスペースを使って小さな子どもを座らせるというものです。

この「iQ」は今でもたまに路上で見かける事がありますが、その小ささと奇妙なプロポーションに何度みても「えっ」という驚きがあります。

3人乗りの初代「フェアレディ」

最後に紹介する車はオープンカーの初代「フェアレディ」です。この車は3人乗りですが、フロントシートの二人はマツダ・ロードスターと同じように横に並んで乗り込みます。3人目の乗員は「Edix」のように真ん中にのる訳でもなく、「iQ」のように助手席の後ろに乗り込むわけでもありません。

初代「フェアレディ」のリアシートは大人が普通に乗り込むには狭すぎたため、なんとか一人だけでも乗せようと苦肉の策で、横向きにシートが装備されていました。つまり3人目の乗員は進行方向に対して横向きに乗り込む事わけです。

フロントシートで楽しく会話する二人を横目に、乗り心地の悪い横シートで我慢するなんてちょっと寂しい感じもありますね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)