新型 トヨタ タンク カスタム G-T【試乗評価】小さな子供のいる家族にピッタリなコンパクト・ミニバン [DBA-M900A]


今回は「新型 トヨタ タンク カスタム G-T」を試乗レポートいたします。
トヨタ・タンクは、2016年に発売されたコンパクトサイズのミニバンです。設計・製造はダイハツが中心となって行いますが、トヨタのバッジをつけることで「トヨタ・タンク」としても販売されます。

今回の試乗はターボエンジン仕様となりますが、自然吸気エンジンについて知りたい方は「新型 トヨタ ルーミー【試乗評価】」のページをご覧ください。
トヨタ・ルーミーはトヨタネッツ店で発売されるタンクの兄弟車で、自動車の基本的構造はタンクと全く同じです。

その他の兄弟車には「ダイハツ・トール」と、「スバル・ジャスティ」があります。

スポンサーリンク

外観

全長3715mmX全幅1670mmX全高1735mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2490mmとなります。

直線基調のディティールが与えられたルーミーと比べると、ゆったりとしたラインが多く使われておりユーモラスな印象を持ちます。

フロント

どことなくブルドッグのような感じのする、ちょっとだけ不細工だけど愛嬌のあるフロントフェイスです。

ルーミと比べると、ヘッドライト、グリル、フロントバンパー形状などが異なり、基本骨格は同じでありながら、ぱっと見の印象は大きく異なります。

カスタムには、専用フロントバンパーや専用グリルが与えられ、精悍な印象が増しています。

サイド

小さなボディに大きなキャビンスペースが与えられ、トールワゴン系軽自動車のようなプロポーションを持ちます。ただ、軽自動車と比べるとAピラー(一番前の柱)の傾斜角が緩やかなため、窮屈な印象はありません。

また、ボディサイドには豊かな抑揚や深く切り込まれたキャラクターラインが与えられているため、軽自動車のような安っぽさはありません。

リア

スペース効率の高い真四角なボディに、縦長の細いリアコンビランプが与えられ、モノボックス的な道具感が感じられます。

また、ヤジり型に切り込んだリアコンビランプがボディに複雑な抑揚を与えており、リアエンドに単調な印象はありません。

カスタムには、専用ガーニッシュや専用リアコンビランプ、専用リアバンパー、ルーフスポイラーなどが追加されます。

スポンサーリンク

内装

ダイハツ・タント」がベースとなっているため、内装の質感も軽自動車レベルとなります。ただ、最近の軽自動車の質感は大きく向上しているため、そう不満の出るレベルではありません。シンプルで使い勝手の良い内装デザインです。

カスタムでは本革ステアリングが装備され、内装の素材にも上質なものが使われます。

背の高いトールワゴン系軽自動車の美点をしっかりと受け継いだ、広々とした開放感のある室内空間です。Aピラー(一番前の柱)には、構造を2本の小さな柱に分けることで死角を減らす工夫が施されています。

シート

フロントシートには肉厚でサイズの適正なシートが装備されます。コンパクトカー未満、軽自動車以上といった質感ですが、中距離(30km程度)程度の移動なら十分にこなすことができます。

リアシートにはサイズも小さめでシートバックの長さも短い平板なデザインのシートが装備されます。長く座っていると疲れてしまいますが、短距離(10km程度)なら大丈夫でしょう。ただし、リアシートのスライド量が大きいため、一番後ろまでシートをスライドさせると足元にはLクラス並みの広大なスペースが出現します。

荷室

荷室容量は前後長が限られるため、ボディサイズに比べて小さく感じられます。ただ、幅と高さにはたっぷりとした余裕があるため、積み方を工夫すればかなりの荷物を積むことができます。4人家族で日帰り旅行程度なら十分にこなせるでしょう。加えてシートバックを倒せば、荷室を大きく拡大することも可能です。

静粛性

室内の遮音性はそこそこですが、エンジンがトルクフルなために高回転まで回ってがなり立てるような事が少なく、結果的に室内の静粛性は良好に保たれることになります。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

996ccの直列3気筒DOHCターボエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、98ps/6000rpmの最高出力と、14.3kgf・m/2400-4000rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量は1100kgで、JC08モード燃費は、21.8km/lとなります。

エンジン

1100kgと車格と比べれば軽量なボディを持つため、自然吸気エンジンであっても必要十分の動力性能があります。加えて「G-T」にはターボチャージャーが装備され、力強い加速の余裕がもたらされています。

さらにパワーを必要とされる坂道や合流地点では、この余裕あるトルクを使ってグイグイと車体を加速させきます。

ターボ仕様車は、僅かにアクセルを踏むだけでグイグイと加速してくれるため、体感上の力強さはスペック以上のものがあります。

トランスミッション

組み合わされるCVTは、エンジンのトルクフルな特性を見事に使いこなし、低い回転を保ちながら静かでスムーズな加速を行います。

結果的にエンジンノイズも低く抑えられるため、静かで快適な車内空間を維持することができます。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備され、前後共にスタビライザーで強化されています。

足回り

自然吸気エンジン仕様車に比べて僅かに引き締められた足回りは、背の高いボディの揺れを抑え込みコーナリングでの安定感を高めています。

ソフトな乗り心地の中にも適度なコシのある快適な乗り心地です。ただ、路面の段差ではリアサスが振動を減衰しきれず、僅かな突き上げ感が感じられます。

ハンドリング

弱アンダー傾向を持つ、万人向けの穏やかなハンドリングです。キビキビとした特性ではありませんが、ドライバーの意思に忠実に反応するリニアなフィールを持ちます。

背の高いボディの割にはロールがよく抑え込まれており、コーナリングではそこそこの安定性を持ちます。

評価のまとめ

このトヨタ・タンクはスズキ・ソリオに対抗すべく、急遽ダイハツ・トヨタグループが開発した渾身の一台です。

対象となるユーザー

軽自動車であるタントの資産を受け継いで開発された車ですから、小さな子供がいる家族にはピッタリとはまる使い勝手の良さを持ちます。加えて、タントと比べると室内空間が大幅に拡大されているため、シニア世代の足車や若者の遊び車としても高い汎用性を持ちます。

価格

価格 | 1,965,600円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。