フォードモーターが、次世代型フィエスタを発表か?【ニュース】


フォードモーターは2016年の11月29日に、ドイツのケルンで行われるイベントで次世代型フォード・フィエスタを発表する予定です。

現行型の第四世代フォード・フィエスタは、2008年に発売が開始されてからすでに8年が経過しています。今でもヨーロッパで高い人気を誇るスポーティなコンパクトハッチバックですが、その後、次々とライバルたちがモデルチェンジを行ったため相対的な商品力の低下は否めません。

スポンサーリンク

スパイショットから読み取れる情報

現在、フォードモーターから発表されている新型フィエスタの詳細な情報は限られますが、スパイショットなどの画像から読み取ると、全体のスタイリングは現行型のキープコンセプトとなるものの、フロントマスクには「フォード・フォーカス」によく似た顔が与えられ、ボディサイズもわずかながら拡大されることになりそうです。結果的にトレッドやホイールベースも大きくなるので、より安定した走りの車に生まれ変わるでしょう。

また、イベント当日は新型フィエスタの他に、スマートモビリティ技術と次世代省燃費技術の発表も行われる予定です。

スポンサーリンク

フォードモーター日本撤退の影響

フォードモーターは2016年後半に日本市場から撤退することを決めているため、正規輸入代理店を通してこの第5世代フォード・フィエスタを買うことはできません。

そのため、どうしてもこの車が欲しいという人は、並行輸入業者などを探して買うしかありません。第4世代の現行フィエスタは、コンパクトなボディにキビキビとした俊敏な身のこなしを持った魅力的な車だっただけに残念というしかありませんね。

ただ、フォードモーターが撤退した後も、ピーシーアイという会社が部品供給から車両保証までユーザーへのアフターサービスを一手に引き継ぐことが決まっているため、現行型フィエスタのオーナーがフォード撤退のせいで困ることはなさそうです。

スポンサーリンク

欧州販売台数一位の称号を再び

この新しい第5世代フォード・フィエスタは、2017年に発売が開始されヨーロッパ中のショールームへと配送されることになります。

内装には高品質のインテリアデザインが与えられ、さらに新世代にふさわしい最新の安全システムが装備されます。

一時、欧州販売台数一位の栄光を誇ったフォード・フィエスタですが、現在はライバルのVWゴルフやポロ、ルノー・クリオに対して販売台数で遅れを取っています。しかし魅力的な第5世代フォード・フィエスタが導入されることになれば、再び欧州販売台数一位の栄光を取り戻すかもしれませんね。

第5世代フォード・フィエスタについては、新しい情報が追加され次第、詳しい記事をアップしていきます。

(参考:Automotive News Europe)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)