損害賠償は生命保険のように重複して支払われない【交通事故の相談】


交通事故にあった時、損害賠償の支払いを受けることができる保険制度には、「自賠責保険」や「任意保険」の他に、「健康保険」や「労災保険」があります。

スポンサーリンク

目次

  • 損害賠償は重複して支払われない
  • 生命保険は重複して支払いを受けることができる
  • 慰謝料の請求
  • 損害賠償や慰謝料の支払いをスムーズに受けるには
スポンサーリンク

損害賠償は重複して支払われない

これらの中から一つだけの支払いを受けることが出来るのはもとより、複数の保険を組み合わせて保険金を受け取ることも可能です。ただ、その場合は、一つの損害項目に対して一つの保険制度からだけの支払いとなり、同じ項目について重複して支払いを受けることはできません。

交通事故における保険制度は、事故で生じた損害に対してその分を保証するという趣旨で設計されているため、実際の損害額を超えて利益の出るような受け取り方ができないのです。

スポンサーリンク

生命保険は重複して支払いを受けることができる

これに対して同じ保険という名がつくものの、「生命保険」は一つの項目に対して重複していくらでも保険金を受け取ることができます。つまり、複数の保険会社にそれぞれ複数の保険を掛けていれば、その数だけ重複して保険金を受け取ることができるのです。

ただし、生命保険会社に掛けている「傷害保険」や生命保険に付帯されている「入院特約」などは、事故関連の損害補償ではあるものの、「自賠責保険」や「健康保険」の支払いの有無にかかわらず重複して受け取ることができます。

慰謝料の請求

「自賠責保険」や「任意保険」、「健康保険」や「労災保険」によって支払われる「治療費」、「看護費」、「休業補償」などは実際に生じた損害を補填する分だけしか支払われません。

それ以上の損害を請求する場合は「逸失利益」となりますので、改めて「慰謝料」という名目で請求するしかありません。

慰謝料の場合は実際の損害とは異なり、精神的な苦痛に対して補償されるためです。精神的な苦痛といっても慰謝料の計算には、実際に治療に掛かった日数などが考慮されるため、「痛いけど我慢して病院に行かなかった」と言った場合はそのせいで減額されることもあります。

損害賠償や慰謝料の支払いをスムーズに受けるには

また、事故にあった時は大したことないと思っていても、後から後遺症が出ることもあります。その他に、事故の後は軽い興奮状態のため自分の状態がよくわからないということもあります。そのため、怪我の軽重にかかわらず事故の後は必ず医療機関を受診するようにしましょう。これがその後の損害賠償や慰謝料の請求をスムーズに進めることになります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)