【コラム】長距離運転でも疲れない車(ランキング付き)


車を運転するという行為は、運動不足の象徴ともなっているように楽な行為だと捉えられがちです。しかし、実際に一日中ドライブをしてみれば分かりますが、これが結構疲れるんですよねえ。

運転中は様々なストレスが連続的、複合的にドライバー与え続けられ、これが疲労の大きな原因となっています。こういった事は程度の差こそあれ、ベテランドライバーであっても変わりません。

また、疲労を蓄積させるままにしておくと、ドライバーの不快感が増すばかりでなく安全な運転にも支障をきたします。

そこで今回は「車を運転しているとなぜ疲れてしまうのか?」、その原因と対策について解説し、さらにどういった車だと疲れにくいのか、おまけとして疲れにくい車をランキング形式で紹介します。

スポンサーリンク

疲れの原因は大きく分けて2つ

まず、疲れを分析する前に、「そもそもなぜ人間は疲れてしまうのか」という事について考えてみたいと思います。

疲れには大きく分けて2つのものがあります。一つは自分の身体を動かしたり、考えたりすることによって疲れる「能動的な疲れ」。もう一つは人間の感覚を刺激されることによって疲れる「受動的な疲れ」です。

能動的な疲れについて

能動的な疲れについては分かりやすいと思います。自動車を運転する際、手や足を使って車を操作し続けるために蓄積される肉体的な疲れ、外部からの情報に基いて自分で最適な判断を考えるために蓄積される精神的な疲れなどです。

この手の疲れは、自動車を運転するにあたってどうしても避けられない種類のものです。そのため、なかなか軽減することは難しいと言わざるを得ません。

ただし、最近は「運転支援システム」という新しい機能が急激に発達し、ドライバーの疲労を大きく軽減する助けとなりつつあります。

例えば、クルーズコントロールから進化して、前車との距離を一定に保ちながら設定された速度内で走行する「アダプティブ・クルーズ・コントロール」。高機能なタイプは低速で走行中も働き、ストップ&ゴーを繰り返す渋滞中のブレーキ操作とアクセル操作を自動で制御します。長時間におよぶ渋滞は、ドライバーを肉体と精神の両面から極端に疲れさせます。この機能の装備によって軽減される疲労度ははかりしれません。

その他には、車線の中央を維持、もしくは車線からのはみ出しを抑制する「レーン・キープ・システム」も便利。「アダプティブ・クルーズ・コントロール」と組み合わせれば、半自動運転のような運行も可能です。現状ではステアリングに手を添えておかなければなりませんが、それでも疲労に対する軽減効果は結構あります。

スポンサーリンク

長距離運転で疲労の原因となる「人間の五感」

これに対して受動的な疲れは、味覚を除いた「視覚」「聴覚」「臭覚」「触覚」などの知覚に対して、断続的に刺激が続くことによって蓄積されていく疲れです。

視覚

まず、「視覚」については、運転席からの見晴らしの良し悪し、メーターなど操作系の視認性、ヘッドライトの明るさなどが影響します。

見晴らしの良し悪しについては、斜め前方や斜め後方にある死角の大きさも含まれます。この死角が多いと、安全確認のための視線移動が多くなり、緊張も増大して疲労が蓄積されていきます。ただ、いくら見晴らしがいいからといって、すぐ目の前の路面まで見えてしまうと、高速走行時にかえって恐怖感が強くなり疲労を高めることになります。適度に周りが見えない「囲まれ感」というものが必要なのです。

見やすいメーターなど、操作系の視認性については適度に表示が大きく見やすいデザインという事が大切です。最近は擬似的にメーターの奥に表示を投影させるものや、コンパクトカーに装備される事の多いセンターメーター、透明な樹脂パネルに表示を反射させて映し出す「ヘッドアップディスプレイ」など、視線の移動量を減らして疲労を軽減する工夫もみられます。最近流行りのフローティングディスプレイ(ダッシュボード中央上部に設置される液晶モニター)にも、こういった狙いがあります。

ヘッドライトの明るさにつては、適度な明るさと遠くまで照らす照射範囲の広さが求められます。HIDやLEDなど光りの強いライトが増えているのはこういった理由もあります。ただし、遠くまで照らすほうがよく見えるからといって、常時ライトをハイビームにしていると対向車にとっては大きな迷惑となります。そこで最近増えているのが、「オートマチックハイビーム」とか、「オートハイビーム」と呼ばれる、自動的に対向車を検知してハイビームとロービームを切り替える装置です。

これなら、対向車のいない時はハイビームで遠くまで照らし、対向車が現れるとロービームに自動的に切り替えてくれるため、自分と対向車、双方の安全性と疲労軽減効果が期待できるというわけです。

聴覚

次に「聴覚」についてですが、これにはロードノイズや風切り音、エンジンサウンドなどが挙げられます。

ただし、ただ静かならば良いという単純なものではありません。多少音がしていても、高周波や低周波の人間が不快に感じる音がしっかりとカットされていれば、意外と人間は疲労を感じません。

ヨーロッパの小型車はこのあたりの特性をうまく活用して、コストの掛かる遮音材を減らしながら、同時に人間にとって心地の良い音作りをするのが得意です。マニアが喜ぶ気持ちのいいエンジンサウンドを持つ車が欧州車に多いのはそういった理由もあります。

臭覚

3番目にあげるのは、「臭覚」です。これには、外から車内に侵入してくるディーゼルなどの排気臭、車内のタバコや体臭などの嫌な臭いをどれだけ効率良く排出できるかという、エアコンなどの循環器系の能力が問われます。エアコンの場合は、他にも長期間使っているとカビや雑菌の匂いが発生するという問題があります。これはメーカーの工夫だけでなく、ユーザーの適正なメンテナンス、及び使い方で減らすこともできます。

また、新しいプラスチックが発する「化学的な臭い」も人によっては不快に感じる場合がありますので(中にはこの臭いが大好きという人もいますが・・・)、製造工程でこれらの臭いを抑制する工夫も大切です。

厳密には「臭覚」ではありませんが、エアコンのフィルターによって「花粉をしっかりと除去する」という機能も重要。花粉症の人にとって花粉は、疲労を大きくさせるだけでなく、集中力を低下させるという悪影響があるからです。

触覚

触覚には、乗り心地や操作感、エンジンのパワー感などが含まれます。

乗り心地は、ふわふわし過ぎていてもダメですし、逆にガチガチに固められていても疲れてしまいます。適度なしなやかさとしっかり感が必要です。
ドライバーの好みもありますので、これが正解という厳密な設定は存在しません。試乗を繰り返して何台か乗り継ぐことでなんとなく分かってくるものです。

操作感は、神経質すぎず、かといってダルすぎない適度な反応の良さが必要です。車の操作系にはステアリングを始めとして、操作の初動にわずかな「遊び」と言われる操作の遅れが設定してあります。この「遊び」を設けている理由は、疲れや適度な操作感に対する配慮のためです。例えば、ステアリングの「遊び」が大きすぎると「ダルすぎて思い通りに曲がらない」とか、逆に少なすぎると「神経質すぎて疲れる」といった感じを受けてしまいます。

エンジンのパワー感については、ドライバーが意図した通りに必要十分な力がエンジンから出力されることが大切です。突然、「ぎゃん!」と走り出したり、いくらアクセルを踏み込んでも、ノロノロとしか走ってくれない様では疲れてしまいます。

スポンサーリンク

疲れない車のランキング

これらの結果を踏まえて、現状で買える「長距離運転をしても疲れない車」を(秋ろーの独断と偏見によって)ランキング形式で発表したいと思います。

日本車

(1)レクサス LS
(2)日産 シーマ
(3)ホンダ レジェンド

欧州車

(1)メルセデスベンツ Sクラス
(2)BMW 7シリーズ
(3)アウディ A8

と、Lクラスセダンばかりとなってしまいました。これでは面白くないので、最後にコンパクトカークラスのランキングも加えておきます。

コンパクトカー

(1)アウディ A3
(2)VW ゴルフ
(3)VW ポロ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)