【ニュース】イスラエルホンダのとんでもCM


いくら車を買ってくれたからといって、こんな特典あげてもいいのでしょうか?まずはこの動画をご覧ください。

まあ、ご覧いただければわかると思いますが、これは2015年に発売され、日本だはすでに完売となった「CIVIC Type R」のCMです。

日本人からは想像できないようなユーモアのセンスで、見ているこちらの方が心配になります。

スポンサーリンク

CMの内要をざっくりと紹介

まずCMの冒頭では、CIVIC Type Rオーナーたちの不満の声から始まります。

「こんなに高性能な車を買ったのに一般道では満足に走らせる事もできない」とか、「通勤や通学では渋滞ばかりで宝のもちぐされだ」といった意見が寄せられます。

そこでイスラエルのホンダでは、そんなオーナーたちの不満を解消するべく、画期的なサービスを考え付きます。それがCMで紹介されている「妊婦さんパス」です。

スポンサーリンク

妊婦さんパスとは?

これは、どんなに厳しい警察官でも出産間近の妊婦が助手席に乗っていれば、スピード違反くらいだったら許してくれるだろうという、モラルもへったくれもないとんでもないサービスです。

具体的には、CIVICをお買い上げ頂いたお客様には、もれなく妊婦が助手席に同乗するサービスが付きますので、いつでも好きなだけスピード遺反をしてくださいという内要です。

CMの中では、まず女優をオーディションで集め、専門の助産婦さんにコーチをさせて、妊婦となるための演技を訓練するシーンが続きます。本当の妊婦さんとしないところに、そこはかとなく批判をかわしたい心配りが見え隠れしますね〜。

晴れて特訓が終了し、オーナーの助手席に座ることとなったニセの妊婦さんは、スピード違反で警察官に捕まると、それまでの特訓と成果を遺憾なく発揮し、「車を進めてくれないと生まれちゃう〜!」と絶叫します。慌てた警察官は、早く行くように手で男に指示をするシーンで、このCMは終わります。

スポンサーリンク

日本では絶対無理!

日本ならせいぜい、CIVIC TypeRを思う存分走らせるためのサーキット走行会を企画するのがいいところでしょう。まあこのCM自体、ユーモアのセンスが違いすぎて面白くもなんともないのですが、ここまでの表現が許されることに正直驚きます。

スピード違反を助長するとか、女性蔑視とか、人権問題とか色々言われそうですが、イスラエルでは大丈夫なんですね。イスラエルという国は、アメリカと近い印象があったのですが、どうも文化的には中東とかインドあたりの映画と共通するセンスを感じました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)