新型VW ゴルフ オールトラック【試乗評価】快活でおしゃれな外観と大人っぽい乗り味 [ABA-AUCJSF]


今回は「新型VW ゴルフオールトラック TSI 4MOTION Upgrade Package」を試乗レポートします。
ゴルフオールトラックは、2015年にゴルフヴァリアントをベースに新たに設定されたモデル。
ゴルフ7と同じMQVプラットフォームが使われた、クロスオーバー4WDステーションワゴンです。

スポンサーリンク

外観

全長4585mmX全幅1800mmX全高1510mmのボディサイズ。またホイールベースは2635mmとなります。

ゴルフヴァリアントをベースに最低地上高が高められ、専用の加飾パーツでアウトドアテイスト感が演出されている。ゴルフの上質さに華やかさが加わったおしゃれな外観です。
全高も1510mmと少し高くなっているが、世間の乗用車と比べてもそれほど高い印象はありません。

通常のゴルフとの違いは、バンパーの下のアンダーガード、専用グリル、専用フロントバンパーインテーク、専用ドアミラー、専用サイドシル、タイヤハウスエクステンション等。
その他には、ボディ下部をぐるりと囲むブラック樹脂パーツや、リアバンパー下部のアンダーカバーに違いがみられる。
素のゴルフの良さを生かしながら、適度なアウトドアテイストを演出しています。

スポンサーリンク

内装

ゴルフヴァリアントと同じく上質なインテリアです。ただピアノブラックのセンターパネルがグレーに変わっています。
質実剛健で使い勝手の良いインテリアデザイン。

ボディ剛性とドアの組み付け精度が高く、ドアを閉める音に重厚感が感じられます。

グラスエリアはヴァリアント由来の広々としたデザインで、アップライトなヒップポジションと相まって車両感覚は掴みやすい。

前席シートは、適度なコシとサポート力のある快適なシート。これなら長距離でも疲れません。
後席も同様に、しっかりした構造のシートが組付けられている。このシートは折りたたみができるため、荷室の容量を拡大して使用することもできます。

ロードノイズ、風切り音ともにある程度車内へ進入してきます。ゴルフヴァリアントと同等の静粛性。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1.8L直列4気筒DOHCターボエンジンと、6速DSGが組み合わされます。
エンジンは、180ps/4500-6200rpmの最高出力と、28.6kgf・m/1350-450000rpmの最大トルクを発揮する。
JC08モード燃費は、14.7km/l。

車両重量1540kgを支えるため、エンジンはオールトラック専用の1.8L直列4気筒DOHCターボエンジンが装備されています。
このエンジンは大きな低速トルクを発揮し、重くなったオールトラックのボディをスルスルと加速させます。
決してびゅんびゅんと回るスポーティなエンジンではないが、豊かな低速トルクを生かしてゆったりとした余裕を感じさせます。

エンジンの拡大に合わして、ミッションも容量の大きい湿式DSGが装備されている。このDSGは街中でもスムーズな制御をみせ、低速でギクシャクするような事はありません、
発進や加速もスムーズで上質。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪には4リンク式サスペンションが装備される。
前後ともにスタビライザーで強化されています。

しっとりとした重みのあるステアリングフィール。素直で安定感のあるハンドリングで、穏やかな身のこなしです。
ゴルフよりスローな味付けのハンドリングだが、快適な乗り心地としっかりしたハンドリングが両立しています。

レザー溶接による堅牢なボディに、コシのあるストロークの長いサスが組み合わされ、やや固めながら角の丸い快適な乗り心地です。
車高が高いにもかかわらず大きなロールはありません。直進安定性も高くどっしとした乗り味です。

評価のまとめ

カタログ燃費はゴルフヴァリアントの燃費19.5km/lから14.7km/lとかなり落ちます。
使い勝手のいいステーションワゴンが欲しいという人には、ゴルフヴァリアントのほうが価格も安く燃費もいいのでオススメ。

ただ、このちょっとおしゃれでアウトドアテイストたっぷりの外観と余裕のあるパワー、大人っぽい穏やかな身のこなしが気に入ったという人にはピッタリの一台です。

価格

価格 | 3,670,000円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)