新型トヨタ マークX(GRX130)【試乗評価】熟成された最後のFR [DBA-GRX130-AETZH]


トヨタマークX前面画像

今回は「新型トヨタ マークX G(GRX130)」を試乗レポートいたします。
マークXは2009年のモデルチェンジで、2代目(マーク2からだと11代目)となりました。
クラウンやレクサスGSとプラットフォームが共有されています。

スポンサーリンク

外観

全長4750mmX全幅1795mmX全高1435mmのボディサイズを持ちます。またホイールベースは2850mmとなります。

価格以上の車格感がある豪華な外観です。ただ対象の年齢層が高いため、地味なおじさんのスーツといった印象が拭えません。

マイナーチェンジでフロントフェイスがリファインされています。3眼が連なったようなヘッドライトのデザインから、最近のトヨタでよく使われる「未来的な深海魚」といった鋭利で有機的なデザインに変更されています。
グリルはオーソドックスな台形型から、ヘッドライトと一体化したワイドなデザインに変更され、あわせてバンパー形状も、よりスポーティな印象のものに変わっています。

サイドビューは、BMWのような伝統的FRスタイルの「ロングノーズ&ショートデッキ」ではなく、前後に長いキャビンと、傾斜の強いA&Cピラーが特徴的です。
フロントオーバーハングが長く、Cピラーが太いのもマークXの特徴です。

リアコンビランプは、ヘッドライトのデザインテイストを継承する、鋭利で有機的なデザインに変更されています。

トヨタマークX後部画像
スポンサーリンク

内装

シンプルで上質感のあるインテリアです。ちょっとステアリングのデザインが五月蝿いですが、オーソドックスで機能的なデザインです。
メーターはちょっと小ぶりながらも、見やすいデザインです。

ぱっとみ上質で価格もお手頃、しかも誰からも嫌われない普遍的なデザインが与えられ、中年期以降の日本人のメンタリティにぴったり当てはまります。

シートは見た目はいいのですが、厚みやコシが足りずホールド感も不足しているので、長時間座っていると疲れそうです。

後席は室内長が前後に長い割に、Cピラーが強く傾斜しているので頭上空間に余裕がありません。
短距離移動なら問題ありませんが、居住空間の余裕はミニマムです。

前期モデルで気になった車内の静粛性は、マイナーチェンジで遮音材が追加され、ロードノイズの侵入は最小限です。

トヨタマークX内装画像
スポンサーリンク

エンジンとミッション

エンジンは、203ps/6400rpmの最高出力と、24.8kgf・m/4800rpmの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、11.8km/lとなります。

エンジンは出足がもっさりしており、そこでトルクを得ようとアクセルを踏み込むと、唐突にパワーの増す扱いづらいセッティングです。
おそらく、これは燃費の向上を狙ったものでしょうが、ギクシャクして乗りにくいです。またエンジンフィールもがさつで安っぽい印象です。
ただ、あえて車に合わせてじわっとアクセルを踏み込み、トルクの盛り上がってくるのをゆったりと待っていると、割とスムーズに運転できます。

動力性能自体は日常域で不足のないものです。ただ、ドライバーの意図したトルクを得にくく、操る楽しさはありません。

足回りとハンドリング

前輪にダブルウィッシュボーン式サスペンション、後輪にはマルチリンク式サスペンションが装備されます。

コーナリングのバランスもよく、FRらしい素直な旋回特性を持ちます。ただステアリングフィールがあいまいで、この素直なフィールを味わいきれません。

マイナーチェンジでボディ剛性がアップし、新たに微震動感応型のショックを採用しています。
やわらかいサスと高剛性ボディにより乗り心地が向上していますが、荒れた路面では、あたりが鋭く車内に衝撃が伝わります。

評価のまとめ

FR的な自然なハンドリングを持つ素性の良さに加え、マイナーチェンジで熟成が進みトータルバランスは高まっています。
FRのマークXは今回が最後といわれていますので、かつてマーク2に憧れていた世代には、憧れを現実にする最後のチャンスかもしれません。

ただ、ステアリングフィールやロードインフォメーションが希薄ですから、何よりも運転が好きという人にはオススメできません。

価格

価格 | 2,777,143円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)